テキサスホールデムポーカーの上達方法|プレイング方法総まとめ

テキサスホールデムって運のゲームじゃないの?
上達できる方法ってあるのかな?

こんなお悩みを持つ初心者ポーカープレイヤーも多そうです。

そこで今回の記事では、テキサスホールデムの上達方法を多数まとめていきます

この記事を読むと、テキサスホールデムの考え方や運に頼らない方法が分かるので是非最後までご覧ください。

チップ君
ここでは冒頭が初心者向け!後半が中級者向けの記事になってるよ!
初心者の方は難しいなと感じたら以下の記事を読むといいかも!
目次

テキサスホールデムとは

テキサスホールデムとは

テキサスホールデムとはどのようなゲームかご存知でしょうか?

結論からお伝えすると、最初に配られたハンド2枚と場に出ている5枚のコミュニティカードを使って手役を作るゲームです

相手の情報が完全に分からない状態でのゲーム進行となり、アクションによって自分の役の強さを主張していきます。

ポーカーが上手くなるコツってあるの?

ここまで簡単にホールデムの解説をしたところで、『どうやったらポーカー上達するの?』と感じているプレイヤーも多いでしょう。

ただ、ポーカープロと呼ばれる職業がアメリカで認知されているように上達のコツはあります。

次の項目からポーカーが上手くなるコツを詳細に解説していきますね!

テキサスホールデムが上達するテクニック9選!

テキサスホールデムが上達するテクニック9選!

テキサスホールデムが上達するメジャーなテクニックを検証したところ9つありました

その他にも小技的なテクニックもあるのですが、まず初心者がテキサスホールデムの技量をアップさせるためには蛇足といっても過言ではありません。

ここで紹介するテクニックは確実に初心者のあなたのプレイスタイルを変化させ、少なくとも運に頼るプレイングから脱却できますよ。

では早速見ていきましょう!

ルールを覚える

まずホールデム未経験の方は、いきなりアミューズメントカジノに行くのではなく、無料アプリで体験プレイを行ってみましょう

チップ君
筆者はいきなりアミューズメントカジノに突撃して恥をかいたそうだぞ!
ディーラーの人にかなり迷惑をかけてしまいました…

体験プレイは自動で進行していくので詳細なルールを覚えることが難しいのですが、ディーラーボタンとアクション順の関連を中心に見ていくことをおすすめします。

プレイスタイルを決める

ルールを覚えたらあなたのプレイスタイルを決めていきましょう

初心者が選ぶべきプレイスタイルとしては、タイトアグレッシブがおすすめなのですがルースアグレッシブも面白いプレイングができます。

この両者の違いを比較すると以下になります。

  1. タイトアグレッシブ→参加するハンドを絞ってチャンスに攻める
  2. ルースアグレッシブ→参加するハンドはタイトアグレッシブよりもゆるく、チャンスに果敢に攻めるがブラフも多め

選び方はどんなポーカープレイヤーに憧れるのかで決めていいと考えています。

なぜなら、まずあなたが行いたいプレイングを磨き、壁に当たったら徐々に修正していけばいいからなんです。

適正なハンドレンジを覚える

続いてプレイングに慣れてきたら、あなたの適正なハンドレンジを覚えていきましょう。

ハンドレンジは人によって微妙に異なるものですが、筆者の考えは以下の通りです。

  1. タイトアグレッシブ→UTGで上位10%
  2. ルースアグレッシブ→UTGで上位15%

タイトなプレイヤーを目指す場合、UTG(アンダーザガン)ポジションでは10回に1回の確率でしかゲームに参加しないことを目標にしてください。

逆に、今までプリフロップの段階でとにかく参加するポーカーを行っているとしたら、ハンドレンジ表を見て修正していく必要があります。

ポットオッズをきちんと理解する

初心者脱却最後のテクニックはポットオッズの理解です。

ポットオッズとは、今の場に提供されているチップの数と、あなたが提出しなければならないチップの比率です。

例えば、ポットに100点、相手から200点のベットであなたの勝率が30%とするとコールしてはいけません。

なぜなら、オッズ計算をすると60%以上の勝率が必要だからです
※この計算は後ほど詳しく解説します。

このように引くべきときに引く、押すときに押すといった判断ができるようになるとようやく初心者の域を脱っせますよ。

無茶なコール・レイズを行わない

先ほどのポットオッズの話と関連があるのが、無茶なコールやレイズを行わないことです。

なぜなら、ポットオッズを無視したコールやレイズはあなたのチップを減らす恐れがあるからです。

初心者にありがちなのが、ドロー系で無理にターンやリバーを見に行ってしまうことなんです。

ドロー系の確率は、フラッシュドローで約36%、そしてオープンエンドストレートドローで約24%程度しかないので気をつけなければなりません。

分かりやすいアクションを行わない

初級者を脱すると次に気を付けなければいけないのが分かりやすいアクションです。

フロップでワンペアでもあるとコールをし、なければフォールドをするといった具合に。

このようなアクションをしていると、相手がブラフをしやすくなるため避けたほうが無難です。

ときにはAハイの状態でも戦った方がいい場合も多いので、学習を進めて相手に悟られないアクションを行いましょう。

相手のテルを見抜く

また、相手のテルを見抜くことも重要なテクニックのひとつです。

ライブポーカーのみならずオンラインポーカーでもテルは存在し、見抜くことで相手のハンドを見抜くことができるからなんですね。

マーキングを行う

ライブポーカーだけでなくオンラインポーカーでもマーキングは重要です。

マーキングとは相手がどのようなプレイヤーであるのかをメモすることで、搾取しやすい相手であれば徹底的に攻めていきます。

特に初心者で無理にコールやレイズをしている方がいたらチェックをしましょう。

オンラインポーカーでは色分けなどができるようになっているアプリが多く、きちんと見抜くことであなたの稼ぎを増加させてくれます。

様々なアクションとプレイングをおさえる

最後にここまで解説してきたテクニックを覚えたら、様々なアクションとプレイングを覚えていきましょう。

ここで解説したことは、あくまで初心者から中級者の段階にポーカーレベルをあげるものであり、上級者に至る道は非常に遠いです。

そこで次の項目からは、少し難しい中級者向けの内容について解説していきます。

テキサスホールデム上達に必須なアクション知識

テキサスホールデム上達に必須なアクション知識.

初心者から出したプレイヤーは、アクションの性質についても詳しく覚えておいてください。

ここでは簡単にその性質について解説していきます。

ベット

ベットはプリフロップ以降に行われるもので、場に誰もチップを出していない状態のときに行うアクションです。

攻撃的なアクションであり、相手はコール、フォールド、レイズのどれかを選択しなければなりません。

上級者になればなるほどベットの有効性を知っており多用してくるでしょう。

コール

コールは比較的弱気なアクションです。

なぜなら、コールを行う前には必ずベットかレイズが入っており相手のアクションの行方に左右されるからなんですね。

ただ、一方でスロープレイ(勝率の高い手役を完成させながら弱気なアクションをすること)でコールを行うプレイヤーもいるので注意が必要です。

レイズ

レイズは相手のベットに対して賭け金を倍以上にする攻撃的なアクションです。

最初のレイズに対してさらに倍の金額を提示すればそれもレイズになります。

俗に3ベッドと呼ばれ、トーナメント後半になれば、ほとんどの場合オールインとなりますよ。

チェック

チェックはいわゆるパスです。
このまま続けてくださいと相手に意思表示するので、例えば以下のようなシチュエーションでは一気に立場が弱くなってしまいます。

  1. プリフロップでレイズした相手に4倍の3ベット
  2. フロップでチェック
  3. 相手ベット

プリフロップで3倍のレイズをしたにも関わらず、フロップでチェックを行ってしまうと、開いたカードによっては、AKやAQなどが疑われ相手からベットされ降ろされてしまうかもしれません。

テキサスホールデムを上達させるには確率をおさえる

テキサスホールデムを上達させるには確率をおさえる

さて続いてはテキサスホールデムポーカーを上達させるためのテクニックの中でも、大きなウェイトを占める確率について確認していきましょう。

ここで解説する項目は以下の通りです。

  1. アウツとオッズ計算
  2. エクイティ計算
  3. インプライドオッズ
  4. イフォールドエクイティ

早速見ていきましょう!

アウツ計算とオッズ計算

ハンドレンジ表でプリフロップの勝率は計算することができますが、フロップ以降はアウツによる計算を行わなければなりません。

その後、あなたがコールしてもいい金額を算出するためには、アウツ計算で出た数値とオッズ計算で出た数値を突き合わせる必要がありますよ。

そこでこの項目ではアウツ計算からオッズ計算を行う方法を解説していきます。

アウツ計算

例えば、現状負けている状態でフラッシュドローがある場合、フラッシュ完成であなたは完全に勝利すると仮定すると、約36%の勝率があります

この計算は、ターンとリバーで目的のカード(アウツ)が出る確率を求めることで計算できます。

フラッシュドローのアウツは、あなたの持っている2枚のカードと場に出ているカード計4枚を引いた残りの9枚です。

またこれらのアウツを計2回のチャンスで引けば良く、9×2%×2回で36%と計算できます。(2%はデッキの残りのカードの枚数から特定の1枚を引く確率です)

オッズ計算

さて、アウツ計算で勝率が算出できたら、次に行うのがオッズ計算です。

オッズ計算はポットにあるチップ金額と相手のベットした金額を足し合わせたものと、あなたが勝負を継続する場合に賭けなければならないチップ額の比で計算します。

具体的シチュエーションは以下の通り。

  1. ポットに100
  2. 相手のベット200
  3. あなたはフラッシュドローを持っているがコールすべきか

答えは、必要勝率が40%(3:2)になるためコール判断はオッズに合っていないと判断されます

例えば、相手が50をベットした場合は必要勝率が25%(3:1)になるためコールを行っても良いと判断できます

エクイティ計算

エクイティ計算は現時点でのポットに入っている金額の配分率から計算します

では、ポットに100が入った状態でフラッシュドローの仮定(引けば必ず勝つ)をそのまま引き継いで確認しておきましょう。

計算式はポット金額×勝率で計算します。

  1. フロップ:相手64 自分36
  2. ターン:相手82% 自分18%
  3. リバー:相手100 自分0

リバーの時点ではチョップにならない限り、エクイティは勝っている人が全て獲得します。

フォールドエクイティ

フォールドエクイティとは、現状勝っているプレイヤーが対戦相手のエクイティを奪って利益を獲得する金額を指しています

例えば先ほどの例を使うと、

  1. フロップ:相手64 自分36
  2. ターン:相手82% 自分18%
  3. リバー:相手100 自分0

フロップ時点で相手をフォールドさせれば、36のポイントを得られる計算になります。

フラッシュドローが付いていて、36%の確率があれば3回に1回は引けるので、早めに利益を確定させるかどうかの判断を行う際に有効です。

インプライドオッズ計算

インプライドオッズ計算は、現状は負けていたとしても最終的に勝ったときの金額を想定に入れたオッズ計算です。

変数がかなり多く、未来のオッズを計算するためかなり難しいと考えておいていいでしょう。

仮定を置いて計算をしてみると以下の通りです。

仮定:
相手のハンドAA、持ち点100でリバーオールインを必ず行う。
自分のハンド89、持ち点100

フロップのカードが10・7・4と落ちて、相手50のベット(ポット100)

この時点では、あなたが50のベットにコールすると若干ですが勝率が低いです(3:1のため)。

ただ、リバーでオールインしてくると分かっていてストレートを引いたとなれば計算はどうでしょうか。

現在のコール額は50であったとしても、未来の追加の50もあるので、ポットオッズは4:1となり20%の勝率でコール可能となりますよ

テキサスホールデムを上達させるプレイング方法総まとめ

テキサスホールデムを上達させるプレイング総まとめ

さて、最後の項目ではテキサスホールデムを上達させるプレイング方法を紹介していきます。

項目の内容としては以下の通りです。

  1. ブラフベット
  2. バリューベット
  3. コンティニエーションベット
  4. ブロックベット

ブラフベット

ブラフベットは情報が見えていない状態を利用して、相手を騙してエクイティの実現を図る方法です。

ピュアブラフとセミブラフに分かれており、ピュアブラフの方がより高度な技術が必要になってきます。

バリューベット

バリューベットは自分のエクイティ金額を積み重ねるために行うベット方法です。

例えば相手のハンドが弱くてもワンペアが揃っていれば、小さなベットには着いてくる可能性があります。

そこを狙ってシンバリュー(薄いバリュー)を取りに行ったり、フルハウス対Aハイフラッシュなどで大きなバリューが見込める際に行うバリューを指しています。

コンティニエーションベット

コンティニエーションベットは、現在勝っているのではなくてもハンドの強さを主張するために行うベットを指しています

AKVS89のように、勝率が高い場合に行うと良いでしょう。

プレミアムハンドが入ったときによく行われるベットです。

ブロックベット

ブロックベットは先打ちをすることで相手の行動を封じ込める際に行います

例えば、あなたがAKのハイカードで相手がAQのハイカードとしましょう。

リバーでチェックで回してブラフベットをさせるよりも、こちらが先打ちして相手に判断を委ねる方が、損失を低くしながらショーダウンまで持ち込めます。

なぜなら、相手も自信のない手であればレイズをしかけるようなことはあまりないからです。

テキサスホールデムを上達させるには専門用語もおさえておこう

テキサスホールデムを上達させるには専門用語もおさえておこう

今回の記事ではテキサスホールデムを上達させるためのテクニックを多数紹介してきました

後半になると専門用語が入ってきて少し難しかったかもしれません。

初心者の方が中級者以上になるためには様々な用語も合わせて覚えていく必要があります。

そのため、実戦の場で戦う経験とともにできるだけ学習も進めていきましょう。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる