ハンドリーディングを学んで賢くポーカー!ライバルの一歩先へ!

ハンドリーディングって何?

ダニエルネグラヌみたいに華麗にハンドリーディングをしてみたい!

ハンドを読めると有利なの?

こんなお悩みはありませんか?

ポーカーのような不確定情報ゲームにおいて、相手の情報を確定的に推理できるようになれば、それだけで有利になってしまいますよね。

実はそのスキルはハンドリーディングと呼ばれ、特に冒頭でお伝えしたダニエルネグラヌは驚異的なハンドリーディング力を持つトッププロなんです。

そこで、今回の記事では、テキサスホールデムのハンドリーディングについて詳しく解説していきます。

この記事を読むと、ハンドリーディングの初歩の初歩が分かるので是非最後までご覧下さい。

チップ君
ハンドリーディングできるようになるとドヤれるよ!
でも多様は禁物!ライブだと嫌われるよ!

今回のスキルは意外と高度です…!

そのため、過去記事の初心者向けに書いた戦略記事を見てもらえると幸いです。

目次

ハンドリーディングとは

ハンドリーディングとは

ではハンドリーディングについてここでは解説していきます。

ハンドリーディングとは、相手の手札を読み切る技術のことで、テキサスホールデムにおいて相手の手札が分かっていれば簡単にブラフやバリューベットなどが打てますよね

もちろん完全に手札がす透けて見えれば、こちら側の絶対的な価値は揺るぎません。

ただ注意が必要なのは、相手の手札が完全に見えるのはあり得ないということです。

この点を深掘りしながら、ここでは解説していきますね。

①テキサスホールデムポーカーのゲーム性について理解しよう

ハンドリーディングを行うためにはまずテキサスホールデムポーカーのゲーム性について簡単に理解しておく必要があります

テキサスホールデムは、将棋やチェスと違い、相手の行動に対する情報はランダム性を常に持ち続けます。

そのため、ブラフやセミブラフから発展したバリューベッドなど様々な点において、このランダム性がゲームを面白くしているのです。

基本的には、運の要素と実力の要素が3対7程度に落ち着いてくると言われており、運のバランスが程よいため熱中する人が増えているのです。

②完全に相手のハンドが透けて見えるということは少ない

テキサスホールデムのハンドリーディングにおいて、相手のハンドが全て透けて見えるというのはほとんどありえません

なぜなら先ほどお話ししたように、手札は見えないように作られており、ある程度までは予測はできるが本当の正解は分からないからです。

特に、相手が負けを認めてマック(手札をshowせずに捨てること)をしたら正解は闇の中となってしまいます。

ただ、例えば初心者がUTGから5BBのオープンレイズを行ったらどうでしょうか。

ほとんどの場合、AK、AQ、AA、KKなどのプレミアムハンドに違いはなく、容易に想像がつきますよね。

仮に、あなたがブロッカーとしてAを押さえていたのであれば、Axのプレミアムハンドの確率は一気に下がります。

③様々な情報を総合的に判断する

ハンドリーディングで大事なことは、相手のハンドを全て透かして見るということよりも、たくさんある情報を複合的に観察し、ある程度までハンドレンジを狭める点です。

後ほど詳しく解説しますが、相手のプレイスタイルやポジション、スタック数など様々な点を加味して考えなければなりません。

ハンドリーディング自体、上級テクニックとなっているので初心者の方はまずポジションとハンドレンジから押さえていくといいでしょう。

では次の項目で詳しく解説していきます。

ハンドリーディングに必要な情報

ハンドリーディングに必要な情報

実際にこの項目ではハンドリーディングに必要な情報を解説していきます。
ちなみに、ハンドリーディングの必要な情報は以下の内容です。

  1. プレイスタイルについての情報
  2. ハンドレンジ
  3. ゲームの違い
  4. 相手のスタック数

この4つの項目を深堀して何を基準に考えて行かなければならないのかここでは解説していきます。

①プレイスタイル

さて、まずはプレイスタイルについて解説していきましょう!

プレイスタイルは別記事で詳細に解説していますが、基本的な考え方は各ポジションにおけるハンドレンジがタイトなのかルースなのかです。

簡潔に述べておくと、UTGで上位10%のハンドをプレイするならタイト、15%程度をプレイするならルースと考えて良いでしょう

ただ、人によってこの定義は変わってくるので注意してくださいね。

では、実際にどんな傾向があるのか確認していきましょう。

ルースアグレッシブの傾向

ルースアグレッシブの場合、UTGで上位15%のハンドでプレイするため、ハンドをきちんと絞り込むのは困難になります。

例えば極度にルースな方だと、 UTG87sでオープンレイズを行う可能性もあります。

相手がどんなハンドを持っているのかを、絞り込みづらくするのがルースなプレイヤーの特権と言っても差し支えないでしょう。

アクション的に見てみると、コンティニュエーションベットが多かったりなど、こちらもアクションからハンド絞り込むのがかなり難しくなってきます。

タイトアグレッシブの傾向

タイトアグレッシブの場合、UTG上位10%程度のハンドでプレーする傾向が多いです。

そのため参加するハンドはだいぶ絞りやすくなっています。

例えば、UTGから入る場合にはAxのハンドで、大体A10s以上だなという具合に。

ただ一点だけ注意が必要なのは、ギアチェンジができる上級者の場合、強いハンドばかりショウしていると、アグレッションが上がってきたりする可能性もあります。

また、アクションはコンティニュエーションベット率が下がったりするので、アクションから推測することはだいぶ難しくなってきます。

パッシブ系の傾向

アグレッシブ系のハンドの推測は意外と簡単ですが、パッシブ系だとコールレンジが広くなってしまうため、ファンドの推測がだいぶ難しくなってしまいます。

ただし、コールをそこまで警戒する必要はなく、多くの場合滑っていることが非常に多いです。

そのため、エクスプロイトをする絶好の機会と考え、きちんとバリューベッドを行っていきましょう。

②ハンドレンジの違い

さて続いて先ほどからお話ししているハンドレンジの違いについてより詳しく見ていきましょう。

ハンドレンジの違いはルースかタイトかによって異なってきますが、ポジションによってもオープンレイズするハンドの強さが異なってきます

ここではポジションごとのハンドの強さの基準を解説していきますので参考にしてみてください。

ただし、あくまで基準になるだけであり、初心者の方はどんなハンドでもリンプインする場合があり、あまり参考にならない点だけは注意してください。

ポジションの有効性がわかる、中級者と上級者以上の方と戦う際の参考にしてみてください。

SB

SBの方がレイズするレンジは非常に多岐に渡ります

2ポケ以上のハンドでオープンする可能性が高く、コールレンジもそれに比例して多くなってしまいますよ。

そのため、あなたのポジションが有利でもローカード系が場に出てきた場合には注意が必要で、K一枚が落ちていてもツーペアを相手が完成させている可能性があります。

コールレンジが広くなれば広くなるほど、こういった大事故を防ぐ必要がでてきます。

BB

BBの場合、オープンレイズする機会はほとんどありません

ただ、参加人数が少ない場合、プレミアムハンドやポケットハンドでリレイズを行いBB分の強制ベットをプロテクトしてくることが多いです。

例えば、BTNからオープンレイズをされている場合、7ポケ以上でスリーベットを返してプロテクトするなどが考えられますね。

既に1BB分の強制ベットを行っているため、コールレンジはかなり広くなりますよ。

また、リンプに対してのチェックレンジも広くなり、BBのチェックはかなり弱いハンドの可能性がかなり高いです。

アーリーポジション

UTGやUTG+1などのアーリーポジションは、オープンレイズするハンドランクが上位10%から15%程度に絞り込まれます

具体的には77ポケ以上のハンドランクではほぼオープンレイズしてくるでしょう。

そのため、警戒すべきコミュニティカードとしては、ミドルカードからハイカードで、Aが落ちた場合などはあなたの勝率がガクッと下がってしまいます。

ミドルポジション

ミドルポジションがオープンループするハンドランクとしては、 UTGとあまり大差はないと考えていいです。

少なくとも7ポケ以上の可能性が高く、レイトポジションやSB・BBといったポジションの方からのスリーベットに対して対抗できなければいけないためです。

オープンレイズに対するコールレンジに関しても、同等ぐらいのハンドランクで参加していると見ていいでしょう。

レイトポジション

ロージャックからBTNまでのオープンレイズするハンドランクは徐々に上昇していきます

特にBTNで、オープンレイズする場合、タイトなプレイヤーでもAxsであれば全てのオープンレイズが肯定されますよ。

プリフロップのアクションに関しては、レイトポジションになればなるほど、かなりアグレッションが高まってくると考えて差し支えありません。

③ゲームの違いでハンドレンジも変わってくる

キャッシュゲームか参加人数の多いトーナメントかによってハンドの参加率がかなり増減する点には注意してください

9人座るテーブルと6人が座っているテーブルではアグレッションが上級者ほど変わってきます。

また、バウンティトーナメントの場合なども同様で、ゲーム性を加味してハンドレンジを柔軟に推定していく必要があります。

④相手の残スタックによってもハンドは変わってくる

相手の残スタッフによって、ハンドレンジが変わってくる可能性が高いのはご存知でしょうか

なぜなら、一発逆転を狙えるハンドであれば、10BB以下になるまでにオールインをしてダブルアップを目指すのがセオリーだからです。

例えば、トーナメントの終盤戦においては15BB持ちであっても、Axでオールインすれば、例え相手がKKであってもAが落ちれば十分に勝機がありますよね。

更にバブルラインの場合、相手のハンドは異様に硬くなります。

こういった状況を考え、オールインによる圧力を掛けてチップを最低でもスチールする戦略を取ってくる方が、上級者の中には多くなります。

ハンドリーディングケーススタディ

ハンドリーディングケーススタディ

さて最後の項目ではハンドリーディングのケーススタディを行っていきましょう。

具体的なシチュエーションを取り上げていきますのでぜひ参考にしてみてください。

①ショートスタック(10BB)からオールイン

ショートスタックからのオールインが来た場合、基本的にAx〜ポケット以上のハンドと見て良いでしょう

なぜなら、 先ほどもお伝えしたように、Aが場に落ちれば勝率がぐっと高まりますし、ポケットであれば、AKのようなプレミアムハンドでも、50%の勝率があるためです。

②上級者がUTGでリンプイン

上級者がUTGからリンプインした場合必ず注意してアクションを行って下さい

基本的にリンプインしてはいけないという基本ルールは知った上でのプレイになるので、プレミアムハンドなどの可能性が高まります。

その後のアクションが消極的であったとしても、リバー段階で大きくポラライズしてくる可能性もありますよ。

③初心者からリンプイン

初心者からのリンプインの場合、あまり注意する必要はありません

こちらからレイズを返して、様子を見て、コールをしてきた場合には、ハイカード系が混じっている等が考えられます。

その後のアクションでも、何かしらのカードでワンペアができていれば、コールを行ってくる可能性があり、エクスプロイトできるチャンスが高まります。

まとめ:ハンドリーディングを行って勝利を勝ち取ろう!

まとめ_ハンドリーディングを行って勝利を勝ち取ろう!

今回の記事ではハンドリーディングについて詳しく解説してきました

ハンドリーディングを極めれば、相手の手札を予測でき、簡単に勝利を掴むことができるようになります。

しかし、ハンドリーディングは様々な情報を総合的に判断して、論理的に導いていかなければなりません。

リーディングは才能ではなく、知識の積み重ねによる技術です。

テキサスホールデムの勉強を続けて、得意になってくださいね。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる