【ポーカーの基礎知識】バリューベットとは?

ポーカーの基礎知識である「バリューベット」を、皆さんは知っていますか?

チップ君

バリューベットって何?
価値のあるベットってこと?

直訳すると合ってるし、大きな意味ではそういう意味だね。
それじゃ、今回は、バリューベットの意味・使うべきタイミング・効果を上げる方法を紹介していくよ!

✅今回の記事で分かること

  • ポーカーにおけるバリューベットの意味
  • ポーカーでバリューベットを打つべきタイミング
  • ポーカーにおいてバリューベットの効果をあげる方法

それでは、まず、「バリューベットの意味」について紹介していきます。

目次

【ポーカーの基礎知識】バリューベットとは

ポーカーの基礎知識 バリューベットとは?

バリューベットとは、バリュー、つまり、自分が勝った時の賞金(ポット)を最も大きくするためのベットです。

豆知識:バリューベットの適切な金額は?

バリューベットは、ベットの金額が大きくなればなるほど、自分の勝ち分は大きくなります。
しかし、相手にフォールド(ゲームから降りられる)されてしまうと、意味がありません。
そのため相手がコールしてくれるであろうギリギリの金額が、適切な金額となります。

バリューベットを打つべきタイミング

ポーカーでバリューベットすべきタイミング

バリューベットを打つタイミングは、大まかに言うと「自分の手札が強く有利な時」です。

強いと考えられるタイミングはいくつかありますが、以下の3つのタイミングはバリューベットを打つベストタイミングだと言えます。

【タイミング1】自分の手札が最も強い(ナッツ)時

ゲームの場に出たカードを見た時に、現状で作ることができる最も強い手札のことを「ナッツ」と言います。

ナッツとなる手札が自分にきた場合は、その時点で勝ちが確定するので、後は「賞金をいかに増やすか」にゲームの目的が変わります。

そのタイミングで使用するのが「バリューベット」です。

例えば、自分の手札が♧K・♡Kで、プリフロップ(最初の3枚)のカードが♤K・♤Q・♧A、ターン(4枚目)のカードが♡8、リバー(5枚目)のカードが♢Kであったとします。

この場合、自分はKのフォーカードが揃っており、相手がどんな手札を持っていようと負ける可能性がありません。

そのため、相手にどれだけ大きい金額でコール、またはレイズしてもらうのか、が鍵となります。

例えば、相手が♡A・♤Aを持っていたとすれば、オールインをしても勝負に乗ってきてくれるでしょう。

【タイミング2】相手がナッツの1つ下の強さの手札と予想される時

相手がセカンドナッツ(ゲームの状況において2番目に強い手札)の場合は、大チャンスです。

このような、バリューベットをする対象になるだろう手札を持った相手のことを「バリューターゲット」と呼びます。

例えば、Xさんの手札が♡A・♤Aで、Yさんが♧K・♡K、プリフロップ(最初の3枚)のカードが♤K・♤Q・♧A、ターン(4枚目)のカードが♡8、リバー(5枚目)のカードが♢7、だったとしましょう。

※この場合、Yさんも勝てると思っているため、バリューベットを仕掛けてくるかもしれません。(バリューベットを仕掛けているつもりが、カモにされている)

Xさん自身は「Aのスリーカード」が完成しており、ナッツとなるため、負けることはありえません。

しかし、Yさんは「Kのスリーカード」が完成しており、セカンドナッツとなるため、大きくレイズしたとしても「Xさんはブラフか、まあまあ強い手札(でも自分は負けない)のどちらかだろう」と考える可能性が高く、基本的には勝負に乗ってくれます。

このようなビックチャンスだと考えた時は、バリューベットを仕掛けるタイミングとなります。

【タイミング3】自分のポジション(順番)が最後に近い時

ポーカーにおいては、ポジションが後になればなるほど有利とされています。

バリューベットにおいても、ポジションが後の方が仕掛けやすいです。

相手が自信のない手札であった場合、自分の順番が最初の方でレイズやベットしてしまうと、すぐにフォールドされてしまいます。

相手が先に仕掛けてくれると、その表情や金額から相手の強さを予測することができるため、できるだけ順番が後の方で仕掛けると良いでしょう。

バリューベットの効果をあげる方法

バリューベットの効果をあげる方法

バリューベットを打つべきタイミングが分かったところで、相手が乗ってきてくれなければ仕掛ける意味がありません。

こちらでは、バリューベットの効果をあげるために有効な2つの方法を紹介します。

【方法1】自分の手札を弱く見せる

バリューベットは、相手がコール以上のアクションをしてこないと意味がありません。

そのため、相手から「この人の手札は私の手札より弱いな」と思われている方が都合が良いです。

意識としては、相手から「ワンペアくらいの手札で勝負にきている」と思われるように振る舞うと、相手がコールやレイズで勝負を続けてくれます。

【方法2】相手自身に「私がナッツだ」と思わせる

1番上の手札を持っている、つまり、相手が「自分自身がナッツだ」と考えさせることができれば、相手から大きくチップを奪い取ることができます。

相手にナッツだと思わせるために、

  • 最初の方はコールで付き合う
  • ”途中で良い手札がきたからベットした”と見せかける

といった手段を取ると、相手の確信が強くなるので、相手を持ち上げるようなベットをして、賞金を積み上げていきましょう。

【まとめ】ポーカーでよく聞くバリューベットとは

バリューベットとは まとめ

今回の記事で伝えたかったことは、以下の通りです。

○バリューベットとは、自分の賞金を最大化するために行うベットのことです。
また、バリューベットを仕掛ける相手のことを「バリューターゲット」と言います。

○バリューベットを打つべきタイミングは以下の3つです。

<タイミング1>自分の手札が最も強い(ナッツ)時
→自分が現状において1番強い手札の時は、確実に勝てます。確実に勝てる場合、できるだけ賞金を増やしたいので、バリューベットをして、相手にコールやレイズしてもらい、最終的な金額を増やしていきます。
<タイミング2>相手がナッツの1つ下の強さの手札と予想される時
→相手がセカンドナッツで自分がナッツの時、バリューベットを仕掛ける最大のチャンスです。自分が負けない状況で、かつ、相手も勝ちを確信しているため、基本的にどれだけ大きく賭けたとしても、相手が勝負を続けてくれます。
<タイミング3>自分のポジションが最後に近い時
→ポーカーでは、自分のポジションが後の方であると有利です。バリューベットを仕掛ける際にも、相手の動き方を見ながらベット額を決めることができるので、より賞金を最大化できます。

バリューベットは、勝つことがほぼ確定しているパターンでしか使わないため、いかに相手を降ろさせないかを考えてベットすることが大切です。

○バリューベットの効果をあげる方法は以下の2つです。

<方法1>自分の手札を弱く見せる
→相手に手札が弱いと思わせておくことで、バリューベットをしても相手が勝負を続けてくれます。
<方法2>相手自身に「私がナッツだ」と思わせる
→相手にナッツだと思わせておけば、大きめのバリューベットをしたとしても、コールされる可能性が高いです。「ナッツだと思ってショーダウンしたら、自分がセカンドナッツだった」という状況が作れた場合は、賞金が最大化されやすくなります。

バリューベットは、繊細で緻密な計算のもと行われるものなので、ポーカー初心者が行うには少し難しいところがあります。

しかし、ポーカーで大きく勝つためには避けて通れないベットの方法です。

まずは、自分自身がバリューターゲットにならないようにし、慣れてきたところで自分がバリューベットを仕掛けられるようにしていきましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる