【ポーカーの基本アクション】 コールとは?

ポーカーで使う機会の多い「コール」

チップ君

「コール」ってなんとなく使ってるんだけど、
正しい意味とか使い方が分かってないんだよね…

そんなあなたのために、今回はコールの意味や正しい使い方、
タイミング、注意点を教えていくよ!

✅今回の記事で分かること

  • ポーカーでのコールの意味
  • ポーカーでコールを使うタイミングと判断
  • ポーカーでコールを使うときの注意点

それでは、コールの意味から解説していきます!

目次

【ポーカーの基礎知識】コールとは

ポーカー コールとは?

コールとは、自分自身の前の相手が賭けた金額と同じ金額を賭けたい時に使うアクションです。

相手がコール・レイズ・オールイン、どのアクションをしてきたとしても、コールを使えば同額の金額を賭けることができます。

チェックとの違いは?

コールがチェックと違う点は、コールが「前の相手が自分よりも追加でベットしている状態で行う」のに対して、チェックは「相手と自分の賭け金が同額の状態で行う」というところです。

ポーカーでコールする時のタイミングと判断

ポーカーでコールを使うタイミングと判断

ポーカーでのコールをする際は、しっかりとタイミングを見極める必要があります。

そのタイミングと判断するポイントは、以下の3つです。

【コールするタイミング1】まだゲームに参加し続けたい時

勝てるかどうか微妙な時などは、ゲームに参加しておきたいですよね。

ゲームに参加するためには、同額を賭けるコール以上のアクションが必須となります。

コールは弱気にみられるアクションなので、使い過ぎは危険ですが、様子見をしたい時などに使いましょう!

★判断ポイント★

現状ワンペアが完成しているなど、今後大きな役に発展していきそうな場合は、賞金(ポットの中身)を少なめに貯めつつ、参加し続けておくべきです。

自分の引き際(〇〇円以上のレイズには賭けない など)の内であれば、ぜひコールしてください!

〜テキサスホールデムでの具体例〜

現状の手札が「7・9」で、プリフロップでの場のカードが「7・8・10」だったとしましょう。

現時点で「7のワンペア」が完成しており、相手がノーペア(ハイカード)や6以下のワンペアであれば勝ちとなりますし、J(11)がくればストレートとなり、より勝ちに近づきます。

このような場合には、コールするべきです!

【コールするタイミング2】相手にブラフの可能性がある時

相手がブラフかもしれない場合にも、コールは有効な手段です。

自分の手札がある程度強い or 強くなるかもしれない手札で、相手の賭け方などから「ブラフっぽいな」と考えた時にコールをすると、「いつまでついてくるんだ?」「もしかして相手はかなり良い手札なのか?」と相手に思わせることができます。

★判断ポイント★

ブラフには、今までとは違う行動を急にしたりするなどの極端なものから、いつもと同じような賭け方で分かりにくいものまで、さまざまです。

ブラフを見抜くには、相手のクセを把握する必要があるのでなかなか難しいですが、「ブラフかな?」と思った時は、ぜひコールしてみてください!

【コールするタイミング3】自分の手札が強いが、弱い手札だと思わせたい時

自分の手札が弱い手札だと思わせたい時にも、コールは有効なアクションです。

コールは弱気なアクションだと思われるため、相手がある程度の強い手札であった場合、レイズをさせて、賞金を増やしてもらうことができます。

相手がレイズをしてくれれば、自分の順番が回ってきた時に、追加でレイズすること(リレイズ)もできるので、相手を油断させつつ、ポットの中身(賞金)を増やしたい場面にも便利なアクションです。

★判断ポイント★

レイズありきのコールは、相手の手札がある程度揃っていないと空振りに終わります。

相手が強そうな雰囲気を感じ取ったら、自分の強さを隠すためにコールしましょう。

〜テキサスホールデムでの具体例〜

手札がJ(11)のペアで、場のカードが3枚が「2・9・J」だった、としましょう。

自分自身は、現時点で1番強い数字のJのスリーカードが完成しているので、この時点でほぼ勝ちが決定していますが、賞金を増やしたいため、一旦コールで強さを隠し、相手が餌にかかるのを待ちます。

相手が「7・8」のようにストレート寸前であれば、勝負を仕掛けてくる(レイズ)可能性がありますし、その時はリレイズするなどして、さらなる賞金を狙いましょう。

※もしストレートが完成してしまった場合は負けになるので、その都度判断する必要があります。

ポーカーでコールする際の注意点

ポーカーでコールを使う際の注意点

タイミングを見極めることも大切ですが、ポーカーでコールする際は、以下の2つのことへの注意を忘れないでください。

使い過ぎには要注意!

コールばかりする人のことを「コーラー」、コールしかしない行為を「コーリングステーション」といいます。

初心者の場合、「なんとなく勝てそう」と思う状況だと、ついついコールしてしまいがちです。

しかし、ポーカーにおいて、コールは弱気なアクションです。

「このプレイヤーは、コールばっかりするな」と思われてしまうと、相手が勝てそうな手札だった時に、レイズなどをして賞金が増えるように仕向けるため、持ち金がドンドンと溶かされていきます。

そのため、ポーカー上級者にとっては、カモ(フィッシュ)でしかないので、チップを搾取されることがないように、コールの使いすぎには気をつけましょう!

コールとなるアクションを知っておく

コールは、よく使うアクションなので、カジノによってはローカルルール的なものが存在しています。

あるカジノでは「コール」と言わないといけなかったり、ただチップをスッと出すことが「コール」と判断されたりします。

オンラインカジノでプレイする際には注意しなくてもいいのですが、店舗型のカジノに行く機会があるかもしれない人は覚えておきましょう。

【まとめ】ポーカーでよく聞くコールとは?

ポーカーのコールとは? まとめ

今回の記事で伝えたかったことは、以下の通りです。

コールとは、相手と同額のチップを賭けたい時に使うアクション。

○コールを使う3つのタイミングと判断

【タイミング1】まだゲームに参加しておきたい時
→ポーカーでは、テーブルでベットしている額が他のプレイヤーと一緒でないと、ゲームに参加し続けることができません。自分の手札で普通(5〜9くらい)のペアが出来ている、今後ストレートに化けそう、などの場合には”自分の許容範囲内で”コールしましょう。

■判断ポイント
・強くはないが、役が完成している
・後1枚で強い役が完成しそう


【タイミング2】相手にブラフの可能性がある時
→相手がブラフかもしれない場合、牽制のためにコールをするのが有効な手段です。

■判断ポイント
・相手の挙動に少し違和感を感じる


【タイミング3】自分の手札を弱いと思わせたい時
→自分の手札が強いけれど、相手を上手く誘導して賭け金を釣り上げていきたい時にも、有効な手段となります。

■判断ポイント
・自分の手札が強く、相手の手札もそこそこ強そう
・自分から勝負を仕掛けると、相手に逃げられてしまいそう


○コールを使う際の2つの注意点

【注意点1】コールの使い過ぎはNG
→コールは弱気な手段だと考えられているため、使いすぎると、強いプレイヤーにカモ(搾取される存在)にされてしまいます。

※上手いプレイヤーは、それを逆手に取って、強さを偽装したりもしますが、初心者のうちは使い過ぎないようにしましょう!

【注意点2】コールとなる動作を知っておく
→カジノによって、コールと扱われる動作が異なることがあります。「レイズしたかったけれど、コールになってしまった」などのことが起こるため、訪れたカジノごとで確かめるようにしましょう!

コールは、使う場面ごとに、異なる意味を持つものと言うことが分かりました。

使い方を見極めることができれば、大きな武器になり、使い方を誤れば、相手のつけ入る隙を与える弱点になります。

ぜひ実際のポーカーを行いながら、自分なりのコールの使い方を発見してみてください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる