ポーカー・テキサスホールデムのハンドレンジ表【タイト編・ルース編】勝率から覚え方まで徹底解説!

ハンドレンジとは

テキサスホールデムなどポーカーの勝率を上げるためにも、ハンドレンジは必ず知っておかなければならない知識です。

そこで、今回の記事ではポジションごとのハンドレンジやどんなハンドで参加すれば利益的になるのか、ハンドレンジ表の覚え方について解説していきます。

また、プロポーカープレイヤーである世界のヨコサワさんが公開したハンドレンジや、ハンドレンジの勉強に役立つアプリについても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

実際にプレイしながらハンドを勉強したい人は、オンラインポーカーの中でもポーカーに特化したKKポーカー(KKPoker)に登録してみましょう。当サイトから新規登録&LINE登録でボーナス5ドルをプレゼント中!

ポーカーするならKKポーカーがおすすめ!

オンラインポーカーをお得に始めるならKKポーカーがおすすめです!

KKポーカーのアプリをDLして招待コード「82237」を入力するか、当サイトから登録すれば豪華な限定ボーナスもらえる!

【当サイト限定特典ボーナス】

  • 最大45ドル相当の入金不要ボーナス
  • クラブ限定豪華抽選
  • レーキバックボーナス
  • 入出金代行の手数料割引・優遇
  • 友達紹介で$30ゲット

【クラブの特長】

  • 毎月$1,000以上の賞金!
  • フリロール 毎週開催!
  • 8,000人以上!公式最大級クラブ
  • クラブ限定独自のトナメ開催!
kkpoker_club

\当サイト限定特典!/

KKPoker登録後は、オンカジレコード公式LINEへの登録を忘れずに!
VIPカードや登録ボーナスGET、レーキバックの設定には公式LINEへの登録が必要です!

公式LINEへの登録はこちら

目次

ポーカーのハンドレンジとは

ポーカーのハンドレンジとは

結論から言ってしまえば、ハンドレンジは自分が勝負に出たほうが利益に繋がるハンドの強さの範囲を示したものです。

基本的に、ポーカーは集団の中で役の強さを競うゲームなので、全てのスターティングハンドで戦っていると負けてしまいます。

最初に配られる2枚のカードがある程度の強さを持ってないと、勝ち越しを作ることが難しいのです。

また、相手のハンドレンジを察知できれば、あくまでも可能性としてですが、相手の持っているカードの強さを予測可能です。

チップ君

色んなパターンで「戦うべきか避けるべきか」を判断するための基準になる感じか……!

ハンドレンジへの理解の深さは、プレイヤーの強さにかなり関係しているんだ!だから勉強は重要だよ!

自分の勝つ可能性を上げるために、ハンドレンジの理解は必要不可欠な知識となります。

ポーカーのルールはこちらの記事「テキサスホールデムとは?基本ルール・戦略を分かりやすく解説!」で詳しく解説しているので、ぜひ合わせてご一読ください。

ポーカーのハンドレンジを決定するプレイスタイルとは?

ポーカーのハンドレンジを決定するプレイスタイルとは?

一般的に、プレイヤーが利益を得られるというハンドレンジの強さの基本は決まっています。

ポーカーは確率のゲームなので、利益が得られるハンドの強さの範囲自体は変化しません。

ただし、プレイスタイルによっては、プレイヤーが使うハンドレンジは基準値からズレます。

積極的なプレイスタイルか慎重なプレイスタイルかによっても変わるってイメージですね!

そして、ポーカーでは、プレイヤーのハンドレンジの違いによって、プレイスタイルの呼び名が異なってきます。

どういった違いがあるのか、詳しく見ていきましょう。

ポーカーのプレイスタイル①:ルース

まずは、ルースと呼ばれるプレイヤーです。

こちらは、 普通のハンドレンジで戦っているよりも多くのハンドで戦うプレイヤーを意味します。

弱いハンドであっても、恐れずにプリフロップからコールやレイズを行っていくのでゲームに参加する確率が非常に高くなります。

ポーカーのプレイスタイル②:タイト

一方で、タイトと呼ばれるプレイヤーは、普通のハンドレンジよりもさらに狭く強いハンドでしか戦わないプレイヤーを意味します。

相手よりほぼ強いと判断できるハンドのみで戦うことになるので、ゲームに参加する頻度自体は少なめです。

もちろん、ゲームに参加した際の勝率は高くなっていきますが、あまりにもタイト過ぎるプレイはデメリットを生みます。

具体的には、アンティ負けしたり、相手が勝負に乗ってくれず、ポットが大きくならないので、勝っても利益が少ない等のデメリットが発生します。

ポーカーで良く聞くアグレッシブ・パッシブってどういう意味??

また、ポーカーではルースとタイトに加えてアグレッシブとパッシブと言う言葉もプレイスタイルの表現に利用されます。

アグレッシブは多額のベットや高頻度のレイズを好む好戦的なプレイヤーを意味し、パッシブはレイズよりもコールを好む非積極的なプレイヤーを意味します。

これらの4つの言葉を組み合わせてポーカーでは、その人のプレイスタイルを表すケースが多いですね。

例えば、レイズが多く広い範囲のハンドで戦う人のことをルース・アグレッシブ

強く狭いハンドでのみ戦いレイズの頻度も少ない非常に慎重なプレイをするプレイヤーをタイトパッシブと呼びます。

ポーカーでプレイスタイルが判断出来るようになると、相手が持っている手札の強さを予測出来るようになりますよ。実際にプレイして、様々な戦い方を覚えましょう。

\人気急上昇中!/

ポーカーのハンドレンジの見方

ポーカーのハンドレンジの見方

ハンドレンジの基本が分かったところで、次はいよいよ具体的なハンドレンジ表の見方を確認していきましょう。

まずは、こちらの画像をご覧ください。

オープンレイズのハンドレンジ表

こちらは、HJにおけるタイトプレイヤーのよくあるタイプのオープンレイズのレンジ表です。

左右数字の並びが同一絵柄のスーテッドを、上下の並びがオフスートを意味しています。

そして、この表を利用する時に注目するのが、黄色の背景が塗られている部分です。

プリフロップにおいてオープンレイズを行う場合には、この表に従って55やAToなどのスターティングハンドでのみで戦えば、不利益につながるケースが少なくなります。

ハンドレンジの勉強においてこの表は頻繁に出てきますから、たくさん見て慣れてしまったもの勝ちです!

この後は、タイトとルースなプレイヤーの、各ポジションにおけるオープンレイズのハンドレンジ表を確認していくので、引き続き是非最後までご覧ください。

【タイト編】各ポジションにおけるハンドレンジと勝率

【タイト編】各ポジションにおけるハンドレンジ

早速、各ポジションのオープンレイズ(一番初めのレイズ)に用いられるハンドレンジ表を確認していきましょう。

ポジションによってプレイヤーの有利不利は変化するため、ハンドレンジも変化するんです!

まずは、タイトプレイヤーを想定したレンジ表を用意しました。

ちなみに、画像の上に載せてある%は、数あるスターティングハンドの組み合わせの内、どれくらいの組み合わせがレイズ出来るのかの%を示したものとなっています。

UTG・UTG+1

10%程度

UTG・UTG+1

スート(スーテッド):AT+,KT+,QT+

オフスート:AT+,KQ+,

ポケットペア:77+ 「+」はそれ以上の数の大きさの組み合わせを意味しています。

アーリーポジションであるUTGは後ろのポジションからリレイズが入ってくる可能性も考慮して、強いハンドでなければ基本的には戦えません。

MP1

12%程度

MP1

スート:A9+,KT+,QT+

オフスート:AT+,KQ+

ポケットペア:66+

ミドルポジションも、かなり早い段階のアクションとなるので、こちらも強いハンドでないと勝負は出来ませんね。

弱いハンドでレイズを行うと、後ろからのリレイズやコールに対する対処が難しくなります。

MP2

15%程度

MP2

スート:A5+,K9+,Q9

オフスート:AT+,KT+,QJ+

ポケットペア:66+

MP1とほとんど変わりませんが、スーテッドであればQ9やK9などの組み合わせも使えるようになります。

HJ(ハイジャック)

17%程度

HJ(ハイジャック)

スート:QT+

オフスート:A5+

ポケットペア:55+

まだまだ、HJでは戦えるハンドは広がりません。

CO(カットオフ)

20%程度

CO(カットオフ)

スート:A4+,K8+,Q9,J9+,T9+

オフスート:A9+,KT+,QT+,JT+

ポケットペア:44+

COになるとかなりハンドレンジは広がります。

絵柄や10(T)以上の組み合わせのほとんどで勝負に出れますし、Aを使ったスーテッドの組み合わせのほとんどもオープンレイズに使えます。

BTN

30%程度

BTN

スート:A2+,K5+,Q7+J8+,T8+,98+

オフスート:A5+,K9+,Q9+,J9+,T9+

ポケットペア:22+

後ろにSBとBBの2名しか残っていないBTNからは、今までのポジションと比べて格段にレンジが広がっていきます。

勝負できるハンドの広さ自体はSBに劣りますが、フロップ以降は相手のアクションを見てから行動できる一番最後のポジションとなるので、最良のポジションだと言われることが多いですね。

SB(スモールプラインド)

40%程度

SB(スモールプラインド)

スート:A2+,K2+,Q4+,J7+,T7+,97+

オフスート:A2+,K7+,Q8+,T9+

ポケットペア:22

後ろにビックブラインドしかおらず、既に半分のブラインドを支払っていてオッズと勝率の釣り合いが取りやすい都合上、損しないハンドレンジはかなり広いです。

ただし、BBによるリレイズへの対応が難しかったり、フロップ以降は一番最初にアクションを起こして相手に情報を与えてしまうポジションなので、BTNよりも悪いポジションだと言われています。

BB(ビックブラインド)

BBにはオープンレイズのハンドレンジ表はありません。

BBがオープンレイズ出来る状況というのは、リンパー(コールしてきた人)がいる場合ですが、この場合、既にBBはブラインドを支払っているのでタダでフロップに移動してコミュニティーカードを見れます。

そのため、オープンレイズを行うメリットが非常に薄いんですね。

ちなみに、状況判断にはよりますが、相手のオープンレイズに対しては上位50%程度のハンドでコールするのが普通です。

ただし、アーリーポジション(UTGやUTG+1)に近づけば近づくほど相手のハンドレンジは強くなっていく点は必ず考慮しましょう。

レンジ的にBTNやSBに対してのコール頻度が増えても構いませんが、ほぼ強いカードからしかオープンレイズしてこないUTGに対するコールは、プリフロップの時点で負けている可能性が高いです。

【ルース編】各ポジションにおけるハンドレンジと勝率

【ルース編】各ポジションにおけるハンドレンジ

次は、比較的レンジを広くするルースプレイヤーのハンドレンジ表を見ていきましょう。

今回は筆者が良くプレイするハンドレンジとして、タイトプレイヤーよりも5%程度緩めなレンジを紹介していきます。

後ほど詳しく解説しますが、ハンドレンジは状況によって変わってくるので、この記事を参考に、是非アレンジを加えて見てくださいね。

チップ君
筆者はこの記事を書いていて、ハンドレンジがガバガバということに気づいたよ!
特にSBでプレイするときは80%くらい参加しているかもでした笑

UTG・UTG+1

15%程度

ルースUTGUTG+1

スート:A7+,KT+,QT+,JT+

オフスート:AT+,KT+,QJ+,

ポケットペア:77

タイト同様にUTGポジションでは、ルースプレイヤーもあまり戦えるスターティングハンドの組み合わせは多くありません。

MP1

17%程度

ルースMP1

スート:A5+,K9+,Q9+,J9+

オフスート:AT+,KT+,QT+ ポケットペア:66

タイトプレイの時と比べると、ポケットペアの強さこそ変化していませんが、Aを使ったスーテッドの範囲が非常に広くなっています。

MP2

20%

ルースMP2

スート:A4+,K9+,Q9+,J9+,T9+

オフスート:A9+,KT+,QT+,JT+

ポケットペア:66+

ルースプレイヤーはMP2の時点で、タイトプレイヤーにおけるCOと同じ広さのハンドレンジとなります。

HJ(ハイジャック)

22%程度

ルースHJ

スート:A3+,K7+,Q8+,J9+,T9+

オフスート:A8+,KT+,QT+,JT+,

ポケットペア:55

MPからあまり大きな変化はありません。

CO(カットオフ)

25%程度

ルースCO

スート:A2+,K6+,Q8+,J8+,T8+

オフスート:A7+,KT+,QT+,JT+

ポケットペア:55+

まだ後ろにBTNやSB、BBが控えているため積極的な行動は取れませんが、25%のオープンレイズレンジを持っていることから、4回に1回という高い頻度で戦うようにはなります。

BTN

35%程度

ルースBTN

スート:A2+,K3+,Q5+,J7+,T7+,97+,87+

オフスート:A2+,K7+,Q9+,J9+,T9+

ポケットペア:22+

ルースなBTNともなれば、A1枚持ちや22などのスモールペアであっても、全部オープンレイズの範囲に入ります。

SB(スモールプラインド)

45%程度

ルースSB

スート:A2+,K2+,Q3+,J6+,T6+,96+,86+,76+,66

オフスート:A6+,K6+,Q8+,J8+,T8+,98+,

ポケットペア:66+

ルースプレイヤーがSBのポジションをプレイする際には、かなりの頻度でゲームに参加します。

98oといった弱めのコネクターや76sでも、ストレートやフラッシュ狙いで勝負に出てくるので、ルースプレイヤーのハンドの強さの見極めは、正直困難です。

ただし、弱いハンドであるケースが多いので、ショーダウンまで持ち込めればルースプレイヤーが敗北することが多いです。

プロポーカープレイヤー世界のヨコサワさんのハンドレンジ表

プロポーカープレイヤーである世界のヨコサワさんもオリジナルのハンドレンジ表を本人のYouTubeチャンネル「ヨコサワポーカーチャンネル」で紹介していました。

世界のヨコサワさんもオリジナルのハンドレンジ表

マスの色で強さをランク分けしており、紺→赤→黄→緑→水色→白→グレーの順で勝率の高いハンドになっています。

グレーのハンドは勝率が低いので、基本的に参加しません。

動画では、どのポジションでも参加するのは緑以上です。また、ポジションによってアクションを変える必要があります。

例えばCOがレイズした場合、BTNのポジションであれば、ハンドレンジ表を参考に以下のアクションを選択しましょう。

  • 水色・白・グレーなら「フォールド」
  • 緑なら「コール」
  • 紺・赤・黄なら「リレイズ」

初心者にもわかりやすいハンドレンジ表なので、参考にしてみてください。

ハンドレンジの覚え方は?

ハンドレンジの覚え方は?

ここまでハンドレンジの考え方や基本などについて解説してきましたが、「どうやって覚えたら良い?」と気になっている方もいるのではないでしょうか。

チップ君

いや~確かに、丁寧に説明してもらったんだけど、覚えられるのかっていう心配が出てきてるかな……

たくさん表を見たから、焦ってしまう気持ちはあるよね……けどね、焦らず地道にやっていくのが一番の方法なんだ……!

結論からお話しすると、ハンドレンジ表を見ながら実際にポーカーを何度も繰り返すのが最も無理なく、かつ早く覚える方法だと言えます。

つまり、どれだけ多くポーカーのプレイ回数を確保できるのかが重要です。

沢山プレイしていけば、それだけ多くのプレイヤーと対戦できます。

さまざまなプレイスタイルのプレイヤーと対戦する機会が増えれば、それだけ自分の経験の幅も増えていくでしょう。

チップ君

けどたくさんプレイするのって、普通にやってたら大変だよね……

そうだね……!だからなるべくプレイしやすいオンラインポーカーサービスを見つけることが重要になるね!

初心者の方がなるべくたくさんプレイをしたいのであれば、KKPokerの利用がおすすめです。

KKPokerは近年サービスを開始したばかりであることから初心者の割合が高く、オンラインポーカーを始めたばかりの人でも安心して遊べます。

低レートでプレイすればかなり多くのハンドを経験できるよ!当サイトから登録してボーナス5ドルをゲットしよう!

\人気急上昇中!/

ポーカーのハンドレンジについてよくある質問

ここではポーカーのハンドレンジについてよくある質問にお答えします。

ポーカーで最強のハンドと一番弱いハンドは何ですか?

ポーカーで最強のハンドは、ロイヤルストレートフラッシュです。ただし、出現確率が0.0032%になるため、ほとんど出てきません。

一番弱いハンドは2と3のハイカードです。ポーカーは2が最弱になります

他の役の強さについては、以下の表の通りです。上に行くほど強いハンドになります。

ハンド
ロイヤルストレートフラッシュ同じスートで10からAまでが揃う
ストレートフラッシュ同じスートで5つの数字が連続している
クワッズ(フォーカード)同じ数字が4つ揃う
フルハウス同じ数字を3枚と同じ数字2枚が揃う
フラッシュ同じスートが5枚揃う
ストレートスート関係なく5つの数字が連続している
スリーカード(セット)同じ数字が3つ揃う
ツーペア同じ数字のカードが2枚、2セット揃う
ワンペア同じ数字のカードが2枚揃う
ハイカード役が成立しないハンド

ハンドの強さや出現確率については「ポーカーのいろいろな確率一覧!テキサスホールデムで役が成立する確率」の記事も合わせて参考にしてみてください。

ポーカーのハンドレンジを勉強できるアプリはありますか?

ポーカーのハンドレンジを勉強したいなら「ポーカー プリフロトレーナー」というアプリがおすすめです。

アプリでポーカーのハンドレンジを勉強

iPhoneとandroidどちらでも使うことができるので、スキマ時間に勉強することができます。

また、ハンドレンジを覚えるには実際の経験が重要です。初心者にもおすすめな最新のオンラインポーカーを知りたい人は以下の記事を参考にしてみてください。

ポーカーのハンドレンジを覚えて勝率をあげよう!

テキサスホールデムなどポーカーのハンドレンジにおけるルースやタイトには様々な議論があるので、どちらかが優れていると断言できません。

卓にルースなプレイヤーが多ければタイトにプレイしてポットを奪う。

タイトなプレイヤーが多ければ、ルースアグレッシブにプレイしてブラインドスチールを狙うなど、状況によってプレイスタイルの最適解は異なります。

ただし、相手のプレイスタイルを見抜き、自分が相手に会わせたレンジ調整を行えるようになるためには、今回紹介した基本のハンドレンジ表を知ることが大切です。

アプリを使ったり、実際にプレイしながら覚えていきましょう。

オンラインポーカーで遊ぶなら、当サイトから登録すると入金不要ボーナスがもらえるKKポーカーがおすすめです。

下のボタンから登録し、お得なボーナスをゲットして無料でKKポーカーを始めましょう!

当サイト限定!クラブ特典

KKポーカーに新規登録する際、特別なボーナスコード「82237」を入力するか、当サイトから登録すれば豪華な限定ボーナスがもらえます!

【当サイト限定特典ボーナス】

  • 最大45ドル相当の入金不要ボーナス
  • クラブ限定豪華抽選
  • レーキバックボーナス
  • 入出金代行の手数料割引・優遇
  • 友達紹介で30ドルゲット

【クラブの特長】

  • 毎月$1,000以上の賞金!
  • フリロール 毎週開催!
  • 8,000人以上!公式最大級クラブ
  • クラブ限定独自のトナメ開催!
kkpoker_club

\当サイト限定特典!/

KKPoker登録後は、オンカジレコード公式LINEへの登録を忘れずに!
VIPカードや登録ボーナスGET、レーキバックの設定には公式LINEへの登録が必要です!

公式LINEへの登録はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次