【ポーカーの技術】スチールとは?

皆さんは、ポーカーの技術の1つである「スチール」を知っていますか?

チップ君

「スチール」って何?何か盗むの?

確かに直訳すると、そういう意味だけど、ポーカーでは違った意味を持つんだよ。今回は、「スチール」の意味や成功させるコツなどを紹介していくよ!

✅今回の記事で分かること

  • スチールの意味
  • スチールを成功させるポイント
  • スチールをする際の注意点

それでは、スチールの意味から解説していきます。

目次

【ポーカーの基礎知識】スチールとは

【ポーカーの基礎知識】スチールとは

スチールとは、プリフロップ(場のカードが3枚公開された回)において、レイズ(多額のチップを賭けること)によって、ゲームから相手全員をフォールド(おろす)させて、場に出ているチップを総取りすることです。

しっかりとした勝負を続けずにチップをかっさらうため、英語で「盗む」を意味する”スチール”が使われています。

豆知識

スチールには、「リスチール」という技もあります。リスチールとは、スチールを仕掛けてきた相手に対して、スチールを仕掛け返すことです。「リレイズ」「ライト3ベット」と呼ばれることもあります。

ポーカーでスチールを成功させるポイント

ポーカーでスチールを成功させるポイント

スチールは、ある程度のポーカーのプレイ経験がある人でも失敗することがあるテクニックです。

少しでも成功率を上げるために、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

【ポイント1】レイズする金額を変える

スチールを成功させるためには、レイズの金額をゲームごとに変える必要があります。

同じ金額でスチールを仕掛けると、相手に感づかれてしまう可能性があったり、相手に少しでも強い手札があった場合、損する額が上がってしまう恐れがあるからです。

レイズ額は、リンパー(プリフロップの段階でビッグブラインドにコールする人)の数によって変えるのが、最も損をせずに済むと言われています。

リンパーの数によるレイズ額の目安

・0人の場合→現在のベット額の3倍
・1人以上の場合→現在のベット額✖️(3+N<人数>)

【ポイント2】レイズするポジションを変える

レイズをするポジションを一定にしてしまうと、「このプレイヤーがスチールのアクションをするのは、ポジションによるものだな」と思われてしまい、相手にコールされやすくなります。

時には不利なポジションでもレイズを行い、あくまで「このプレイヤーのレイズは、手札の強弱によるものだ」と思わせることが大切です。

【ポイント3】相手に降りたいと思わせる

スチールは、相手が降りてくれることが前提の技術なので、相手の持ちチップに余裕があったり、相手が強い手札だと全く意味を持ちません。

相手の持ちチップの状況や仕草などから、「スチールを仕掛けるかどうか」決めましょう。

※相手の持ちチップが少ない状況だとコールしにくいため、どんどんスチールを仕掛けていってください。

ポーカーでスチールをする際の注意点

ポーカーでスチールをする際の注意点

ポーカーでスチールをする際には、以下の2つのことに注意しましょう。

【注意点1】相手プレイヤーの状況に注意する

相手プレイヤーに注意すべき状況とは、以下のようなものです。

○相手がコーラー(どんなアクションにもコールするプレイヤー)

相手がコーラーの場合、どれだけ巧妙にスチールを仕掛けても、コールで返されてしまい、自分自身が弱い手札であったら負けてしまいます。

○相手が強い手札である

相手が強い手札であった場合、スチールは意味がありません。自分自身が強い手札なら問題ないですが、スチールを仕掛ける時は基本的に弱いので、負けてしまいます。

○相手がレイズしている

レイズは「強い手札だぞ!」と周りに主張する手段です。

ブラフの可能性もありますが、スチールを仕掛けたい場合には、あまり向かない状況です。(先ほど紹介した、リスチールを仕掛けたい場合は除く)

自分以外のプレイヤーがレイズしている時は、基本的にスチールしないほうがいいでしょう。

○強気なプレイヤーが多い

スチールは、相手が心配性なほど成功の確率が上がるので、強気なプレイヤーが多いと、スチールが潰されてしまうケースが増えてしまいます。

スチールを仕掛ける際は、相手の性格などを考慮することを忘れないでください。

【注意点2】自分の状況に注意する

スチールは、ポジションなど、自分の置かれた状況も確認しながら行うべきです。

以下のような状況の時は、特に注意しましょう。

○ポジションが悪い

スチールは、順番が最後になればなるほど成功しやすいアクションです。

失敗率を少しでも下げるため、順番が最初の方の場合は控えましょう。

○コールしてもいい強さの手札がきている

自分の手札が強い時は、スチールをするべきタイミングではありません。

手札が強い時は、なるべく賞金を多くしておくのが最善手です。

スチールをすると、相手から多くのチップを奪えず逃げられてしまうので、コールで徐々に賞金を増やす方向に持っていきましょう。

○自分自身が相手プレイヤーに「弱い」と思われている

スチールは、強いプレイヤーがするからこそ相手プレイヤーから信用されるアクションです。

「このプレイヤーは弱いから、スチールを仕掛けている」と見透かされてしまったら意味がないので、少しでも自分を強く見られるプレイスタイルを貫きましょう。

相手の状況だけでなく、自分の置かれた状況への注意も忘れないようにしましょう。

【まとめ】ポーカーのスチールとは?

【まとめ】ポーカーのスチールとは?

今回の記事で伝えたかったことは、以下の通りです。

●スチールとは、「プリフロップの段階でレイズして相手全員をフォールドさせ、場のチップを掻っ攫おうする」アクション。

ポーカーでスチールを成功させるポイント

ポーカーでスチールを成功させるためには、以下の3つのポイントを押さえましょう。

【ポイント1】レイズする金額を変える
→レイズ額は、リンパーの数で変えましょう。
[リンパーが0人の場合‥現在のベット額の3倍/リンパーが1人以上の場合‥現在のベット額✖️(3+N<人数>)]
【ポイント2】レイズするポジションを変える
→スチールを同じポジションですると相手に読まれてしまいます。
さまざまなポジションで分散して行いましょう。
【ポイント3】相手に降りたいと思わせる
→スチールは相手に降りてもらえないと意味がありません。相手が降りる方向に持っていくようにしましょう。

●ポーカーでスチールをする際の注意点

ポーカーでスチールをする際は、以下の2つのことに注意しましょう。

【注意点1】相手プレイヤーの状況に注意する

以下の4つの状況になった場合は、スチールするのを控えたほうがよいでしょう。

相手がコーラー(どんなアクションにもコールするプレイヤー)
→どんなにレイズ額を変えても、勝負が続いてしまう。
相手が強い手札である
→相手に降りてもらえない。
相手がレイズしている
→相手が強い手札の可能性が高い。
強気なプレイヤーが多い
→リレイズされる危険性がある。

【注意点2】自分の状況に注意する

以下の3つの状況である場合は、スチールするのを控えた方がよいでしょう。

・ポジションが悪い
→スチールは、ポジションによって仕掛けやすさが変わります。分散させることは大切ですが、できるだけ後のポジションで行うようにしましょう。
コールしてもいい強さの手札がきている
→「コールできる手札=勝負できる手札」なので、その場合は賞金を増やす方向に持っていきましょう。
自分自身が相手プレイヤーに「弱い」と思われている
→相手に弱いと思われていると、スチールを仕掛けていると見抜かれてしまいます。

ポーカーにおいて、スチールはかなり上級者のテクニックです。

プレイに慣れてきてから、ぜひチャレンジしてみてください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる