【ポーカーの基本用語】 フィッシュとは

ポーカーでよく聞く「フィッシュ」

チップ君

この前「フィッシュ」って言われてたみたいなんだけど、
魚って意味じゃないよね?

それはあんまりいい意味では使われないね…。
よく分からないあなたのために、
今回は「フィッシュ」について詳しく解説していくよ!

○今回の記事で分かること○

  • フィッシュとはどういう意味か
  • フィッシュになる人の特徴
  • ポーカーでフィッシュを見つける方法

それでは、解説していきます。

目次

【ポーカーの基礎知識】フィッシュとは

ポーカー フィッシュについて

「フィッシュ」とは、ポーカーなどの賭け事で、『カモ』にされる人、又は単純に弱い人、のことです。

リタード(バカ)、イディオット(間抜け)、モロン(愚か者)、といった表現も同じ意味ですが、直接的な表現を避ける形で「フィッシュ」が使われています。

フィッシュの逆、つまり弱い人からチップを巻き上げる人のことを「シャーク」と呼び、フィッシュのみからチップを巻き上げ、それ以外の人とは普通にプレイする人のことを「バラクーダ」と呼びます。

ポーカーのテーブルにおいて、フィッシュは最も狙われるプレイヤーです。

ポーカー初心者の方は、フィッシュにならないように気をつけましょう。

ポーカーでのフィッシュの特徴

ポーカーのフィッシュ 3つの特徴

フィッシュは、以下の3つの特徴を持つ人のことを指します。

【フィッシュの特徴1】考えずにプレイしている

フィッシュの最も分かりやすい特徴は「プレイが行き当たりばったり」という点です。

フィッシュが行う、チップの賭け方やカード交換などの全てのアクションは「なんとなく」で決められているため、ポーカーが上手い人にはすぐバレてしまいます。

考えずにプレイするので、予想できない勝ち方をすることもありますが、ただのラッキーパンチでしかなく、結果的には負けてしまいます。

<考えていないプレイの例>

同じ賭け方をひたすら続ける/固執する
→考えなしに同じ賭け方を続けていれば、手口が読まれて負け続けます。

※賭け方は適度に変えていきましょう。

【フィッシュの特徴2】不利な状況でも勝負にいきがち

フィッシュは、期待値を計算しないため、不利な状況であっても「なんとなく勝てそうだ」と思い、勝負に出てしまいます。

期待値とは?

自分と相手の手札の現状を分析・想像し、今後開かれる(テキサスホールデムなど) or 引くカード(通常のポーカーなど)で完成する確率を簡単に計算して出した値のこと。

<期待値を計算せずにするアクションの例>

ミニマムレイズ(ゲームの場で決められた最低限のレイズ)を繰り返す
→ブラフとしてレイズをしたいが、そこまで強い手札ではないため、最小限のレイズをしてしまいます。

※ミニマムレイズ以外にも、額を変えてレイズしましょう。

ブラフ(実際は弱い手札だが、強い手札だと思わせるために、レイズする)を多用する
→ブラフは時たまやる分には効果的ですが、多発するとブラフであると読まれてしまいます。

※適度に使うようにしましょう。

【フィッシュの特徴3】相手を見ていない/相手の裏を読む

ポーカーとは、相手の表情や仕草を読み取ってプレイするゲームですが、フィッシュは相手ではなく、自分のことに精一杯になっています。

そのため、相手が強気なアクションをしていても、気にせずレイズしたり、その手札が本当に強いかどうか、ものすごく疑ったりします。

<相手を見ていないプレイ方法の例>

相手の手札を自分より弱いと決めつける
→フィッシュは自分の手札を強いと考えると、相手がそれ以下の手札だと思い込みがちです。

※冷静に状況を判断し、第三者目線で行動していきましょう。

相手が自分より弱い(フィッシュ)と勘違いする
→フィッシュは自分自身のことをフィッシュだと思っていません。逆に、相手をフィッシュと思ってしまうこともあるほどです。

※自分のプレイを謙虚に分析し、相手にある程度のリスペクトを払いましょう。

ポーカーでフィッシュを見つける方法

ポーカー フィッシュを見つける方法

自分自身が勝つためには、フィッシュを見つけ、チップを巻き上げることが大切です。

フィッシュを見つけるためには、以下の2つの方法を使いましょう。

【見つける方法1】フィッシュが来るのをひたすら待つ

ポーカーにおいて、フィッシュは「格好の餌食」です。

フィッシュがいるテーブルを見つけたら、真っ先に参加しなくてはいけませんが、他のプレイヤーも狙っているため、すぐに席が埋まってしまいます。

そんな時は、テーブルでプレイしつつ、フィッシュがやってくるのを待ちましょう。

その前に負けることがないように、大きく賭け過ぎないことが大切ですよ!

【見つける方法2】相手の賭け方を分析する

勝手にボロを出してしまうフィッシュもいますが、一見フィッシュに見えないプレイヤーもいます。

フィッシュを見つけるためには、相手のプレイを分析する必要もあるので、先ほども説明したような、フィッシュのさまざまな特徴を見逃さないようにしなければいけません。

分析方法には色々ありますが、賭け方には顕著に特徴が現れます。

相手の行動を見逃さないようにし、フィッシュの特徴が続くようであれば、容赦無く攻撃しましょう。

【まとめ】ポーカーでよく聞くフィッシュとは?

ポーカー フィッシュについて まとめ

今回の記事で伝えたかったことは、以下の通りです。

○フィッシュとは、ポーカーにおける「カモ(勝負においてお金を掠め取られる人)」を指します。その逆の、フィッシュからチップを巻き上げる人のことを「シャーク」と呼びます。

○フィッシュの3つの特徴

フィッシュには、以下の3つの特徴があります。

【フィッシュの特徴1】考えずにプレイしている
→フィッシュは、考えてプレイせず、行き当たりばったりにしか行動しません。そのため、たまに勝つこともありますが、結果的には勝負に負けてしまいます。
【フィッシュの特徴2】不利な状況でも勝負にいってしまう
→ポーカーでプレイする時、不利な状況でも勝負にいくことはあります。それはブラフといって正当なアクションの1つです。しかしフィッシュは、ブラフを張りすぎたり、弱いのが見え見えなのに勝負してしまいます。
【フィッシュの特徴3】相手を見ていない or 信じない
→ポーカーの最も重要なことは「相手を見ること」です。しかしフィッシュは、自分のことに精一杯で、相手の存在を忘れてしまいます。

初心者はこういった行動をしないように気をつけましょう。でないと、シャークに食べられてしまいますよ!

○フィッシュを見つける2つの方法

フィッシュを見つける方法は、以下の2つです。

【フィッシュを見つける方法1】フィッシュが来るのをひたすら待つ
→カジノにおいて、フィッシュは「格好の餌食」です。フィッシュのいるテーブルを見つけたとしても、すぐに席が埋まってしまいます。プレイをしつつ、フィッシュが自分のテーブルにやってくるのを待つことが最善の策です。
【フィッシュを見つける方法2】相手の賭け方を分析する
→フィッシュは、賭け方に特徴が現れやすいです。そのためにも、相手のさまざまな行動を見逃さないようにする必要があります。

フィッシュは、見つければ大勝ちできるチャンスが待っていますが、それだけを勝ちのチャンスにしているようではいけません。

1種のボーナスのようなものだと考え、通常のポーカーでも勝ちを拾い、結果が出せるように技術を向上させることも忘れないでください。

ぜひ楽しいポーカーのプレイを!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる