オンラインカジノは儲かる?稼ぎやすい3つのゲームと8つの手法を解説!

オンラインカジノ儲かる

オンラインカジノを始める時、多くの人が知りたいのはやはり「儲かるのかどうか」でしょう。

  • どのくらい儲かるのか
  • 儲かるゲームはどれか
  • 儲ける手法・戦法はあるのか

などの点が特に気になるかと思います。

この記事では、これらの興味や関心にお応えして「儲かるオンラインカジノのゲームや手法」を解説していきます。

「オンラインカジノが儲かる理由」や「儲けやすいオンカジサイト&アプリ」も紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください!

この記事のまとめ
  • オンラインカジノは、年収で億単位を稼ぐ凄腕プレイヤーもいる
  • そこまでの大勝は難しいが、生活する程度の月収なら十分に稼げる
  • 稼ぐためには「還元率が高いゲーム」を選ぶ
  • また「理論上確実に勝てる手法」を駆使することが重要
  • 手法の実践には一定の資金とプレイ時間が必要
  • 「持久戦」に耐えられる人ならオンラインカジノは高確率で儲かる
  • 毎日もらえるフリースピンでコツコツ稼ぐ方法もある
  • どんな方法でも、特に稼ぎやすいのはレオベガスミスティーノカジ旅3サイト
  • 特にスウェーデン上場企業が運営するレオベガスは、圧倒的に安全性が高くおすすめ

レオベガス公式HPはこちら

目次

オンラインカジノが儲かる4つの理由

オンラインカジノが儲かる4つの理由

オンラインカジノが儲かる理由は以下の4つです。

  1. 還元率が全てのギャンブルの中で圧倒的トップ
  2. 登録や入金などあらゆるタイミングでお得なボーナスがある
  3. 「理論上は必ず勝てる」手法が多数ある
  4. 「入金&フリースピン」だけでノーリスクで稼ぐ方法がある

それぞれ詳しく解説していきます。

還元率が全てのギャンブルの中で圧倒的トップ

オンラインカジノの還元率は、おおよそ94〜98%です。

これは、他のギャンブルと比較しても、圧倒的に高い数値となっています。

種類還元率
オンラインカジノ94〜98%
パチンコ85%
競馬73.8〜82.0%
競輪75.0%
競艇74.8%
オートレース74.8%
サッカーくじ49.6%
宝くじ45.7%

上の表の数値は、以下の2つの資料に記載されているものです。

オンラインカジノの還元率が高い理由は「低コストで運営できる」ためです。

  1. 実店舗が不要
  2. 人間のスタッフも問い合わせ対応以外は不要
  3. ゲーム自体はすべてプログラミングが回せる
  4. ユーザーが圧倒的に多いため、薄利多売で経営が成り立つ

このようにオンラインカジノには「高還元率の理由」があります。

「還元率が高いほど儲かりやすい」ことは数学的な事実であるため、少なくともギャンブルの中で「最も儲かるのはオンラインカジノ」といえます。

登録や入金などあらゆるタイミングでお得なボーナスがある

オンラインカジノでは、以下のようにあらゆるタイミングでお得なボーナスをもらえます。

タイミングボーナス種類
登録時登録ボーナス・入金不要ボーナス
入金時初回入金ボーナス・継続入金ボーナス
キャンペーン時臨時ボーナス

ボーナスの内容はオンラインカジノによって異なりますが「スピンを無料で20回回せる」「10ドルを条件なしでもらえる」などの内容が多く見られます。

「入金&フリースピン」だけでコツコツ稼ぐ方法がある

たとえばミスティーノの場合「一定金額を入金すると、1回フリースピンを回す」ことができます。

金額は日替わりですが「おおよそ30ドル前後」です。

https://twitter.com/Newiorinrin/status/1560299399015583745

そして、フリースピンで当たりが出れば利益になります。

この「日替わり入金フリースピン」は、毎日もらえます。

明日ももらうには「今日、入金した金額と同額をベットする」必要があります。

しかし、このベットを損失の出ない手法(マーチンゲール法など)で使えば、資金は目減りしません。

そして、150ドル(おおよそ5日分)に達した時点で出金できます。

  1. 毎日30ドルほど、5日連続で入金する
  2. 毎日入金した金額を「減らない手法」でベットする
  3. 150ドルになったら出金する

これを繰り返すことで、たまに出るフリースピンの当たりによって、手堅く稼げるわけです。

入出金手数料で多少目減りしますが、一般的に月100ドル程度(約1万3,000円)は稼げるとされています。

「入出金やプレイの時間にかかる時給を考えたら、それほどお得ではないのでは?」と思うかもしれません。

しかし「自分の好きなゲーム」で「月1.3万円、年間15.6万円」を稼げる人はめったにいません。

あなたがオンラインカジノを好きであれば「好きなゲームで年間約16万円を稼ぐ」という「ハイレベルな趣味人」になれます。

「趣味でお金を減らすのではなく、かなり稼いでいる」ということは、人生全般に通じる成功体験となり、それが他の分野での成功にもつながっていくでしょう。

「理論上は必ず勝てる」手法が多数ある

オンラインカジノでは「理論上必ず勝てる手法」が多数あります。

これらの手法は次の「オンラインカジノで儲けるための手法」の段落で詳しく解説しています。

「理論上」というのは、以下の条件が必要になるためです。

  1. 多めの軍資金
  2. 長期間勝負を繰り返すためのプレイ時間

軍資金が必要な理由は、以下の2点です。

  1. 連敗が続いている間に持ちこたえるため
  2. 入出金やベットの手数料を上回る利益を出すため

これらの条件を満たせる軍資金とプレイ時間があれば、カジノ側のイカサマなどの特殊条件がなければ「数学的・物理的に必ず勝てる」という手法がいくつかあります。

こうした手法を使える条件なら「オンラインカジノは儲かる」わけです。

なお、このような手法が高確率で通じる、運営のイカサマなどがありえないオンラインカジノのトップとして、レオベガスが挙げられます。

スウェーデンの上場企業(ナスダック・ストックホルム上場企業)が運営する、世界で最も信頼性の高いオンラインカジノなので「オンカジで儲けたい」という人は、ぜひチェックしてみてください!

オンラインカジノで儲かるゲーム(高還元率トップ3)

オンラインカジノで儲かるゲーム(高還元率トップ3)

オンラインカジノにはさまざまな種類のゲームがあります。

ここでは、それらの多彩なゲームの中でも特に還元率が高く儲かりやすいものを3つ紹介します。

ブラックジャック:99〜102%

ブラックジャックの還元率は、オンラインカジノの中でも圧倒的に高く、最低でも99%という数値が一般的です。

そして、高ければ102%と「100%超え」も起こりえます。

当然ながら、オンラインカジノでも他のギャンブルでも、還元率100%以上は通常あり得ません。

プレイヤーに全額資金を返していては、運営資金が捻出できないためです。

しかし、ブラックジャックではその100%どころか「さらに上の102%」もあり得るのです。

ブラックジャックには「ベーシックストラテジー」という戦法があります。

これは「確率・統計を駆使してゲームを進める戦法」です。

このベーシックストラテジーで戦略的にゲームを進めると、状況次第で「還元率102%」が、理論上起こりうるのです。

(もちろん、実際に起きた例もあります)

102%はめったに起きないものですが、最大でこのような数値が出るという点でも「ブラックジャックの還元率がいかに高く、儲かりやすいか」がわかるでしょう。

バカラ:98〜99%

バカラの還元率はゲームによって異なりますが、通常98%台とされます。

バカラでは自分が直接勝負するのではなく「プレイヤー・バンカー」のどちらが勝つかに賭けます。

このどちらに賭けても、オンラインカジノでの還元率は平均して98%台になっています。

引き分けの「タイ」にかけると「85%台」と、還元率が大幅に下がります。

しかし、タイにかけずに「プレイヤー・バンカー」のどちらかに賭ければ、還元率が98%台になるわけです。

そして、バカラにもゲームの種類(ソフト・機種)がありますが、最も還元率が高いEvolution Gaming社 「Speed Baccarat」の場合、還元率99%です。

このように還元率の数値が高いだけでなく、バカラは「還元率の波がない」ことも特徴です。

ブラックジャックやスロットは同じソフト・機種でもしばしば波がありますが、バカラでは還元率が固定されています。

こうした安定性を考えると、ブラックジャック以上に儲かりやすいゲームともいえます。

スロット:97〜99%

スロットの還元率はおおよそ97〜99%です。

たとえば、2022年8月23日時点で還元率トップ10のスロットゲームを一覧にすると、以下のようになっています。

スロットゲーム還元率
Book of 9999.00%
Dragon X Tiger98.30%
Marching Legions98.12%
Money Cart98.00%
Money Cart298.00%
Bikini Queens97.77%
Blazing Bull97.42%
Big Bad Wolf97.34%
White Rabbit97.24%
Oni Hunter Plus97.15%

これらはトップ10なので、全体の平均値はもっと下がります。

しかし、これらのゲームは多くのオンラインカジノが揃えています。

そのため、還元率だけに着目して選べば、スロットの場合97〜99%の還元率を出せるということです。

※なお、上の数値は採用するオンラインカジノのサイト・アプリによって多少前後します。

以上がオンラインカジノで儲かりやすいゲームのジャンルですが、これらのいずれのジャンルでも、世界トップレベルのオンカジ『レオベガス』なら、豊富な種類のゲームを楽しめます。

「モバイルカジノの王様」の称号を持つほど、スマホで最も使いやすい初心者向けのオンラインカジノなので、ぜひチェックしてみてください!

オンラインカジノで儲けるための8つの手法

オンラインカジノで儲けるための8つの手法

オンラインカジノには「儲かる手法」があります。

もちろん、これらは「絶対に儲かる」ものではありませんが「全く儲からない」ものでもありません。

「誰も全く儲からない」のであれば、すでに手法として語られなくなっています。

語られているということは「ある程度、その手法で勝っている人がいる。勝てる可能性がある」ということです。

100%ではないものの「状況次第で勝率を上げることに大きく貢献する手法」として、参考にしてください。

マーチンゲール法

マーチンゲール法は「負ける度に賭け金を2倍にする」という手法です。

2倍にし続けることで、以下のようなメリットがあります。

  1. どこかで必ず勝つ
  2. 勝った時点で損失がチャラになる
  3. 最初の賭け金分が儲かる

実際の計算を見てみると、よくわかるでしょう。↓

回数賭け金勝敗損益
1回1,000円×-1,000円
2回2,000円×-3,000円
3回4,000円×-7,000円
4回8,000円×-15,000円
5回16,000円×-31,000円
6回32,000円×-63,000円
7回64,000円×-127,000円
8回128,000円×-255,000円
9回256,000円×-511,000円
10回512,000円+1,000円

見ての通り、賭け金は常に2倍になっています。

そして、最後に出た利益は、最初の賭け金と同じ「1,000円」です。

この手法は「理論上必ず勝てる」ものです。

理由は言うまでもなく「ずっと負け続けることはありえない」ためです。

勝ち負けの確率が「2分の1」のゲームで「ひたすら負け続ける」確率は、回数ごとに下のように変化します。

回数負け続ける確率
1回50.0%
2回25.0%
3回12.5%
4回6.3%
5回3.1%
6回1.6%
7回0.8%
8回0.4%
9回0.2%
10回0.1%

10回負け続ける確率は、0.1%です。

つまり10回連続で勝負すれば、99.9%の確率で「10回までに勝つ」のです。

そして、先ほどの計算の通り「1回勝てば最初の賭け金分が儲かる」ようになっています。

(取り戻すだけでなくプラスになるので、1,000円が2,000円になるということです)

このような理由からマーチンゲール法は「必ず勝てる手法」「絶対に負けない手法」といわれています。

バーレー法

バーレー法は「勝つ度に賭け金を2倍にする」手法です。

マーチンゲール法の逆なので「逆マーチンゲール法」とも呼ばれます。

2倍にしていくメリットは「運よく連勝が続けば、短時間で大金を得られる」という点です。

逆にデメリットとなるのは「どこかで1回負けたら、利益と1回目の賭け金が消える」ということです。

マーチンゲール法と比較すると、どういう手法かわかりやすいでしょう。↓

マーチンゲール法どこかで1回勝つだけで、損失がすべてチャラになり、わずかに利益が出る
バーレー法どこかで1回負けるだけで、利益がすべてゼロになり、わずかに損失が出る

そして、言うまでもなく「連勝が続く確率」はどんどん低くなっていきます。

先ほどのマーチンゲール法での計算表の通り「5連勝する確率は3.1%」なのです。

このように、回が進むほど成功確率が低くなるため、バーレー法では「引き際=利益確定の見極め」が最も重要となります。

グランバーレー法

グランバーレー法は、ほぼバーレー法と同じです。

「勝つ度に賭け金を2倍にする」のは同じですが、さらに「最初の賭け金」をプラスします。

バーレー法勝つ度に賭け金を2倍にする
グランバーレー法勝つ度に賭け金を2倍にする+最初の賭け金と同額を追加

上の太字部分が違いです。

これによってどう変わるのかというと、リスクとリターンが両方大きくなります。

本質的な違いはなく、日本語で「応用バーレー法」と呼ぶ方が、実態に近いともいえます。

わざわざ名前が付いている理由は、

  1. バーレー法よりもっと攻めたい時がしばしばある
  2. その時の増額の基準として「最初の賭け金をプラス」と考える人が多い
  3. 考える人が多いので、共通の呼び名が生まれた

ということだと推定できます。

共通の呼び名があると情報公開がスムーズに進むため、そのような理由で自然発生したと考えていいでしょう。

ココモ法

ココモ法は「負けている間ずっと、前回と前々回のベット額の合計」を賭ける手法です。

マーチンゲール法と同じく、

  1. 負け続ける間、ずっとベット金額が増えていく
  2. 代わりに、どこかで必ず勝つ
  3. その1回の勝利で損失を取り戻し、利益を出せる

という手法です。

マーチンゲール法との違いは、

  1. 理論上、マーチンゲール法の1.5倍負け続ける
  2. 賭け金はマーチンゲール法ほど増えない
  3. 利益はマーチンゲール法より大きくなる

という具合になっています。

マーチンゲール法の1.5倍負け続ける

ココモ法では「勝率30%」で「配当3倍」のゲームを選びます。

マーチンゲール法は「勝率50%」で「配当2倍」のゲームを選びます。

負ける確率でいうと、ココモ法は70%、マーチンゲール法は50%となります。

70%は50%のおおよそ1.5倍なので、ココモ法は「マーチンゲール法の1.5倍負け続ける」ということです。

賭け金はマーチンゲール法ほど増えない

マーチンゲールは「前回の2倍」という「掛け算」でベット額を増やしていきます。

ココモ法は「前回と前々回の合計」という「足し算」でベット額を増やします。

「足し算」の方が増えるスピードは遅いため、賭け金額の上昇はマーチンゲール法ほどではない、ということです。

利益はマーチンゲール法より大きくなる

利益が大きくなる理由は「配当2倍」ではなく「配当3倍」のゲームに賭けるためです。

2倍だと「損失を取り戻して、最初の賭け金と同額を稼いで終わり」です。

しかし、3倍だと「損失を取り戻してプラスで稼げる金額が大きく」なります。

これは実際に計算を見るとわかりやすいでしょう。

「10回目で勝った」とすると、ココモ法の損益は以下のようになります。

回数12345678910
ベット金額11235813213455
累計損失12471220335488143
勝利時獲得金額336915243963102165
利益212234691422

見ての通り、勝った時の利益はだんだん大きくなっています。

そして、マーチンゲール法で同じように「10回目で勝った」とすると、損益は以下の通りです。

回数12345678910
ベット金額1248163264128256512
累計損失1371531631272555111023
勝利時獲得金額2481632641282565121024
利益1111111111

見ての通り、マーチンゲール法の利益は必ず「最初のベット額」で固定されます。

しかも、10回時点での累計損失(つぎ込んできた金額)が、1,023万円と圧倒的に大きくなっています。

ココモ法は「143万円」です。

注ぎ込む金額が少なく、利益も大きい」となれば「明らかにココモ法の方がいいのでは?」と思う人もいるでしょう。

実際、勝率33.3%(負ける確率66.7%)で、勝率が0.1%になるタイミングを計算したら「11回目」でした。↓

回数負け続ける確率
1回66.7%
2回44.5%
3回22.2%
4回11.1%
5回5.6%
6回2.8%
7回1.4%
8回0.7%
9回0.3%
10回0.2%
11回0.1%

マーチンゲール法(勝率50%・負ける確率50%)の場合の「10回目」とほとんど変わりません。

こうして単純に見ると、ココモ法はマーチンゲール法よりわかりにくいものの、より稼ぎやすい可能性があります。

ダランベール法

ダランベール法は「勝ったら賭け金を1単位減らす、負けたら賭け金を1単位増やす」という手法です。

  • 1回勝ったら、次は負ける可能性が高いので、賭け金を減らす
  • 1回負けたら、次は勝つ可能性が高いので、賭け金を増やす

という発想です。

18世紀の数学者、ジャン・ル・ロン・ダランベールが投資の手法として生み出したため、この名前が付いています。

ダランベール法の何が良いのかは「3つのパターン」でシミュレーションをしてみるとわかります。

  1. 勝ったら減らす、負けたら増やす(ダランベール法)
  2. 勝ったら増やす、負けたら減らす(ダランベール法の逆)
  3. 勝っても負けても賭け金を変えない(何もしない)

この3パターンで、同じ5ドルでスタートし、同じ勝敗が続くと、結果は下のようになります。

①:ダランベール法

プレイ回数賭け額勝敗総損益
1回目5ドル負け-5ドル
2回目6ドル負け-11ドル
3回目7ドル勝ち-4ドル
4回目6ドル勝ち+2ドル

見ての通り、最終損益が「+2ドル」になっています。

②:ダランベール法の逆

プレイ回数賭け額勝敗総損益
1回目5ドル負け-5ドル
2回目4ドル負け-9ドル
3回目3ドル勝ち-6ドル
4回目4ドル勝ち-2ドル

最終損益が「-2ドル」になっています。

③:何もしない

プレイ回数賭け額勝敗総損益
1回目5ドル負け-5ドル
2回目5ドル負け-10ドル
3回目5ドル勝ち-5ドル
4回目5ドル勝ち0ドル

最終損益は「0ドル」になっています。

結果の比較

以上の3つの結果をまとめると、以下の通りです。

手法最終損益
ダランベール法+2ドル
ダランベール法の逆-2ドル
何もしない0ドル

勝ち負けの回数が同じ時「何もしない」とプラマイゼロになるのは、理解できるでしょう。

「ダランベール法だけ増える理由」は「負けた後で賭け金を増やす」ためです。

勝ち負けの回数が同じなら、1回負けたら次に勝つ確率が高くなります。

連敗したら、次に勝つ確率はさらに上がります。

こうして勝つ確率が高まる度(負ける度)に、ダランベール法では賭け金を増やしているわけです。

「高い勝率×高い賭け金」ということで、利益が大きくなります。

一方「ダランベール法の逆」は、勝率が低くなる「勝った後」で賭け金を増やしています。

「低い勝率」に「高い賭け金」を注ぎ込めば、当然損失が大きくなります。

このため、勝ち負けの回数が同じになるという前提なら「勝った後に賭け金を増やしてはいけない」のです。

長く続ければ続けるほど有利になる

ダランベール法が成功する条件は「勝ちと負けの回数が同じになる」ことです。

同じになれば、先ほどのシミュレーションの延長で、最終損益は必ずプラスになります。

その金額の大きさは、

  • 最初にいくら賭けたか
  • 毎回いくら増やすか
  • どの程度長期間勝負したか

で変わります。

3つの数字が大きいほど最終損益も増えます。

そして「勝ち負けの回数を同じにする」方法は「ひたすら長く続ける」ことです。

勝ち負けの確率が五分五分である場合、長く続ければ必ず回数が同じになります。

短期間ならどちらかに偏ることがあっても、長期間なら偏りはないのです。

このため、ダランベール法は「勝敗の回数が同じになるほどの長期間勝負できる人」におすすめの方法です。

もちろん(最初の金額」「毎回増やす金額」を少額にすれば。一般のプレイヤーでも実践できます。

チップ君

後はプレイ時間さえ確保できればいいわけだね!

時間さえ確保できれば、賭ける金額次第で十分に副業や本業になるよ!

モンテカルロ法

モンテカルロ法は「数列でベット金額を算出する」手法です。

やり方を図解していきます。↓

STEP
最初に「1・2・3」を書き、両端を足した「4」を賭ける
モンテカルロ法の図解
STEP
負けたら、また両端を足した「5」を賭ける
モンテカルロ法の図解
STEP
次も負けたら、また両端を足して「6」を賭ける
モンテカルロ法の図解
STEP
次も負けたら、同様に「7」を賭ける
モンテカルロ法の図解
STEP
勝ったら、両端の2つを消し、残っている両端を足す(7を賭ける)
モンテカルロ法の図解
STEP
この勝負も勝ったらまた両端2つの数字を消し、数字がなくなったら終了
モンテカルロ法の図解

ユニットは「単位」のことです。

この「単位」を、今回は「1ドル」としました。

しかし、5ドルや10ドルなど、好きな数字にしてOKです。

「ユニット」を使えば、

  1. 同じ数式を使いまわして、
  2. ドルの単位でスケールを調整し、
  3. 自分に合った金額のベットをできる

ということです。

ウィナーズ法

ウィナーズ法もモンテカルロ法と同じく「数式通りにベットしていく手法」です。

この手法のメリットは「連敗後に連勝した時」に利益が大きくなること。

逆にデメリットは「勝ち負けが交互に続くと、延々と損失が膨らむ」ということです。

やり方を図解すると、以下の通りです。↓

STEP
2連敗したら数列「1,1」とメモする
ウィナーズ法の図解
STEP
左端の「1」を2倍した金額「2」をベットする
ウィナーズ法の図解
STEP
負けたら、ベットした金額を右端に追加
ウィナーズ法の図解
STEP
次も左端を2倍した金額をベット
ウィナーズ法の図解
STEP
勝ったら、数列の左端の数字を消し、次の左端をまた2倍してベット
ウィナーズ法の図解
STEP
連勝すると、左端の数字が徐々に消えていく
ウィナーズ法の図解
STEP
数字が全部なくなったら利益確定
ウィナーズ法の図解

ウィナーズ法は「前の数字に足して数字を書いていく」ので、数字が追加されるほど、賭け金が大きくなっていきます。

そして「勝ち負けが交互に続く」と、いつまでも終わらず、数字がどんどん追加されていきます。

つまり「勝ち負けが交互に続く」と、ひたすら賭け金が大きくなっていき、途中終了のリスクが上がります。

その状態がある程度続いたら、この手法は途中で切り上げましょう。

なお「連敗の後」で仕掛ける理由は「連敗したら連勝が来やすい」⇒「そこで賭け金を増やしておけば稼ぎやすい」という理由です。

ウィナーズ法では「連敗は連勝を呼ぶチャンス」と考えるわけです。

キャンセレーション法

キャンセレーション法は「目標利益を分割した数字で数列を作り、その数列にしたがって賭け金を決める」手法です。

他の数列系の手法と同じく「数列の数字がすべて消えたら終了&利益確定」となります。

他の手法との最大の違いは「数列の元になるのが目標利益」であることです。

たとえば目標利益が10ドルなら、数列を「1  2 3 4」と書きます(合計10)。

目標が「10ドル・50ドル・100ドル」の例を図解すると、以下の通りです。↓

STEP
目標利益を決める
キャンセレーション法の図解
STEP
目標利益を分割する
キャンセレーション法の図解
STEP
分割した数字の両端を足して、賭け金が決まる
キャンセレーション法の図解
STEP
勝ったら⇒両端の数字を削除する
キャンセレーション法の図解
STEP
負けたら⇒前ゲームの賭け金を数列の右端に追加する
キャンセレーション法の図解
STEP
数列が全てなくなったら目標利益に到達
キャンセレーション法の図解

他の数列を使った手法の場合、終了時点での利益は「その時々で異なる」ものです。

しかし、キャンセレーション法なら「最初に決めた目標金額」で固定されています。

その目標金額が現実的なものであるほど、早く達成されます。

以上がオンラインカジノで儲けるための手法ですが、これらが成功する大前提として「運営側がイカサマをしない」ということが挙げられます。

運営がイカサマをし「あり得ないほどの連敗」や「ウィナーズ法で交互に勝ち負けが続く状態」などを作り出すと、戦法は通じません。

そのようなイカサマが絶対にあり得ないオンラインカジノの代表が、スウェーデンのナスダック・ストックホルム上場企業が運営するレオベガスです。

世界を代表するオンラインカジノで、最も安心安全に遊べるサイト&アプリなので、ぜひ気軽に試してみてください!

オンラインカジノの儲かる手法の注意点

オンラインカジノの儲かる手法の注意点

オンラインポーカーの「儲かる手法」を使う時の注意点は以下の2点です。

  • 相当な「軍資金」が要る
  • 入出金&ベットの手数料の計算が必要

それぞれ詳しく解説していきます。

相当な「軍資金」が要る

マーチンゲール法など「時間をかければ理論上必ず勝てる」というタイプの手法は「兵糧攻め」に似ています。

「いつか必ず勝てる」ものの、こちら側に「相当な蓄え」が必要ということです。

たとえば、先ほどのマーチンゲール法の10回のシミュレーションの場合、最後の賭け金は「51万2,000円」でした。

この51万はあくまで「最後の1回」の賭け金です。

それまでの金額を合計すると、10回で「102万3,000円」となります。

つまり、あの計算では「102万円を投入して、稼いだ金額は1,000円」ということです。

「必ず勝てる」という安心感はあるものの「それでも利益率が低すぎる」と感じる人は多いでしょう。

じゃあ、最初の賭け金を増やせばいいのでは?」と思うでしょう。

たとえば最初に1万円を賭けると、最後に1万円を稼げます。

しかし、つぎ込む金額も10倍になり「1,023万円」になります。

ここまで来ると、たとえばハイテンポなゲームで1時間に10回の結果が出たら「時給1万円」となります。

そこまでのスピードでプレイできない場合「複数サイトで同時に同じことをする」という方法があります。

そう考えると、資金さえ用意できればマーチンゲールなどの手法は「非常に稼げる」方法だといえます。

チップ君

よく考えたら、100万円で時給1,000円でも、1日10時間プレイしたら十分本業になるね!

実際には複数サイトでの同時プレイ用に300万程度は要るかもしれないけど、確かに現実的な方法だよ!

入出金&ベットの手数料の計算が必要

当然ながら、オンラインカジノでは入出金やベットに手数料がかかります。

どの戦法を使うにしても、最後に出る利益が、これらの手数料の合計を上回っていなければなりません。

もちろん、ギリギリ上回るだけではメリットが小さいため「ある程度大きく上回る」必要があります。

このため、オンラインポーカーで「理論的に必ず儲かる手法」を使う場合は、

  1. 手数料が安いオンラインカジノを選ぶ
  2. 同じオンカジの中でもできるだけ手数料の安い方法を使う

という2点が重要となります。

以上がオンラインカジノの「儲かる手法」を使う時の注意点ですが、上に書いた手数料の安さでも特におすすめできるのがレオベガスです。

スウェーデンの上場企業が運営するオンラインカジノで、世界で最も安心して利用できるサイト・アプリなので、ぜひ気軽に試してみてください!

儲かりやすいおすすめのオンラインカジノ3選

儲かりやすいおすすめのオンラインカジノ3選

オンラインカジノの中でも、特に儲かりやすいおすすめのサイト&アプリは3つあります。

ここでは、その3つのオンラインカジノを紹介していきます。

レオベガス

レオベガス(LeoVegas)
総合得点:98点|総合評価:★★★★★
登録料金無料
遊べるお金1,500円〜
所在国スウェーデン・イギリス等
おすすめ度★★★★
レーダーチャート

レオベガスは、スウェーデンのナスダック・ストックホルム上場企業『LeoVegas AB』が運営するオンラインカジノです。

世界で最も認定基準の厳しい英国賭博委員会(UKGC)のライセンスを始め、ドイツやスウェーデンなど世界各国のライセンスを取得しており、圧倒的な信頼性・安全性を誇ります。

還元率が高い人気ゲームも、ブラックジャック・スロット・バカラの各カテゴリで豊富に揃っています。

初心者がオンラインカジノで稼ぐ上で最もおすすめのサイト・アプリなので、ぜひ気軽に試してみてください!

ミスティーノ

総合得点:95点|総合評価:★★★★★
登録料金無料
遊べるお金10ドル~
所在国オランダ領キュラソー、キプロス共和国
おすすめ度★★★★★
レーダーチャート

ミスティーノは、序盤に説明した「毎日入金&フリースピンでノーリスクで稼ぐ」ことができるオンラインカジノです。

サイトのデザインやキャッチフレーズを見ても分かる通り「初心者向け」に特化しており、特に初めてオンカジをプレイする人に最適です。

信頼性の高いオランダ領キュラソー政府によるサブライセンスも取得しており、安全性も高いオンラインカジノです。

新規登録ですぐに使える1,000円分のボーナスをもらえるので、無料登録で気軽に最初のプレイを試してみてください!

カジ旅

総合得点:96点|総合評価:★★★★
登録料金無料
遊べるお金15ドル〜
所在国スウェーデン
おすすめ度★★★★
レーダーチャート

カジ旅は世界で初めて「カジノとRPGを融合させた」オンラインカジノです。

「儲ける」という視点でみると、スロットを6倍速でプレイできる独自の『Blitzモード』が特に大きいものです。

オンカジの必勝戦法では「勝ち負けが同数になるまでひたすらプレイする」など「数をこなす」ことが必要な手法が多くあります。

その時、6倍速であれば早く目標を達成できるため、持久系の戦法を使いやすいのです。

今なら新規登録と入金で高額のウェルカムボーナスももらえるため、ぜひ気軽に無料登録で試してみてください!

【まとめ】オンラインカジノは儲かる?

【まとめ】オンラインカジノは儲かる?

オンラインカジノは「フリースピンでコツコツ稼ぐ」「一定の資金を用意して、持久系の戦法で稼ぐ」という方法で、非常に低いリスクで安定的に儲けることができます。

もちろん、ハイリスクの勝負に出て一攫千金を狙うことも可能です。

ただ、ハイリスクな方法で長く勝ち続けることは難しいため、基本的には「ローリスクで安定して稼ぐ手法」をおすすめします。

そして、レオベガスであればどのようなスタイルで稼ぐ場合も、そのスタイルに合ったゲームが数千単位で豊富に揃っています。、

上場企業運営・世界最高峰の英国ライセンス保有など、安全性でも確実にNo.1のオンラインカジノなので、ぜひ気軽に無料登録でボーナスをゲットしてみてください!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる